先日調整したGHK AK105、今日になってブローバックの挙動がおかしくなり、
ショップに相談してみたら調整して下さるとのこと。
でもその前に今一度確認してみたら、

あれ、問題なさそう。。。

なんでだ?

原因は実に簡単。

ガスの入れすぎ。。。

どうやらガスをパンパンに入れるとダメみたい。
気化スペース確保しないといけないようです。
これはWEとかでも同じなので、ほんと自分の凡ミスです。

ただ105はマガジン外装が樹脂なので、温めにくいこともありスチールマグのAKMに比べてリコイルがマイルドになりやすい。だからついつい増し増しでガス入れちゃったようです。

今後は気をつけましょう^o^;

にしても夏が楽しみだ。クリスベクター欲しい!

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

TIIDA77

TIIDA77

ガスの入れる量も作動には結構影響しますね。
WEのM14をセミオートで撃ってたら、
1発出た後、銃口から弾ポロがあり、
そのまま何発か撃つと正常に戻るという事態が発生しました。
マガジン一本しかないのに、もうリップか何かがダメになったの?
と不安になり、
マガジンに入れる弾の量やガスの量を変えていろいろ試したところ、
銃口から生ガス吹くようなときにこれが発生することが分かり、
マガジン内の気化スペースを考えてガスを入れ、
さらに十分温めて撃つと発生しなくなりました。
いままでは無くなりかけたガス缶からケチケチして数発分ずつガスを入れ、
あまり入ってないからと、充分にマガジン温めていたので、
トラブルが無かったようです。

NEO

NEO

>TIIDA77さん
お久しぶりです。
ハンドガンや国産に慣れているとついうっかりこんなミスしちゃいます。
ショップに送って「問題ありませんでしたよ」
なんてご迷惑&恥ずかしい事態にならなくてよかったです。^o^;

GHK AKはWE系のロングバレルにありがちな
「初速がどんどん下がって行く」
現象は何故かありません(初速自体は低いですが。。。)。
集弾性も悪くないので内部に関しては当面このまま様子見です。
今後燃費の悪さを感じることがあれば、
いつものレシピでショート&タイトバレル化ですかね。

低初速に関しては、
NPASと同じような機能を持つAFSノズルをゲットしてますので、
時間があるとき試してみたいと思います。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。