original_file

LCT TK104(AK104)を購入したのでさっそくカスタムしました。
最近はめっきりロシアに亡命気味です。
コンセプトはロシアFSBが持っていそうなAKということで。

EOレプにブースター、近年では西側の光学機器等も搭載するようです。
ストックはマグプルCTRにチークライザー。
フロントにはPEQ15にSFミニライト、タンゴダウンショートフォアグリ。
ハイダーはハンマーズの74ハイダー(LCT100系用)。
サイドマウントレールはマルイ。

これでほぼ完璧に理想に近づけました。
でもよく見るとリアサイトが付いてませんね。。。

なぜかというと。。。

このように純正のままではロシア仕様ではないのですね。
刻印もNとなってます。
これがどうも気に喰わないので交換します。
と言っても実物は高いし500メートルサイトは手に入りにくいし。
なのでいっそのこと造ります。

まずはLCTのAKMサイトを購入。
元々の墨入れをシンナーで除去し、いらない刻印部分をプラリペアで埋める。
で、平面出しをしてキャロムブラックスチールで塗ったのが。。。

これです。
さらにインディブラックパーカで塗り、水性エナメルで墨入れしたら。。。

はい、こうなりました。

搭載!

はー、スッキリした。

はっきり言って自己満の世界です。
実はマルイのサイドマウントレールの刻印も埋めて消してます。
これだけでだいぶ気分違います、不思議。

おかげでめっちゃお気に入りです。

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

コバ吉

コバ吉

通りすがりです。
おおおお!これはかっこいい~
そういえばM4ストック装着したAKって無限リコイルユニット付くんですかねぇ?

NEO

NEO

>コバ吉さん
ありがとうございます。
AKもいろんなモダンカスタムありますが、西側のクレブスやマグプル的な感じではなく、あくまでロシア風にこだわりました。
無限リコイルユニットの構造を知らないので何とも言えませんが、ストック基部を貫通させる必要がある場合、ストックパイプ固定方法を見直さなければ難しいでしょうね。
しかも相手はアルミではなく鋼鉄なので(苦笑)改修するにもかなり手強そうです。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。