サバゲー参加日

戦績

  • ヒット -- 回
  • キル -- 回
  • フラッグゲット -- 回

一緒に参加した人たち 0

一緒に参加した人はいません。


九龍の機動6課貸切ゲームに参加させていただきました。

今回は初のインドアフィールドです。
実際に遊んでみた結果、自分がアウトドア派だということを発見。
装備の関係もありますが、他にも(自制を心がけていましたが)どうしても走ったり跳ねたりしたくなってしまう点からアウトドア派かと。
あと曲がり角で味方と鉢合わせたときとかおっかねーです(それはそれでスリルを楽しめますが。
ちなみに、ハンドガン戦では炉利旋風さんにハンドガンをお借りしました(ありがとうございます。

ゲームの内容としては、真っ暗だったりスモークだったりHANK(笑)さんを狩ったりスタッフさんの本気を見たり、貸切ならではと言いますか、結構無茶なゲームが多かったと思います。

ラストゲームは参加者が全員頭に風船つけて、2チームに分かれて、自分の風船が割られたらヒット→退場→帰り支度というゲーム。
各々風船に嫁やら煩悩やら何やらを書き込む空気だったのは旧軍の銃に菊の御紋があったのと似た理由でしょうか。
私にはこれといって一人に絞れる嫁がいなかったので、とりあえずということで「狐女房」と書いてみました。
「処女厨」ではないです。
「狐女房」とは日本の昔話のパターンの一つで、古くは「日本霊異記」に記載されています。
つまりは、「ネコミミ」だとか「バニーガール」だとかいう言葉がものすごく定着していますが、もっとも歴史の深い、由緒正しい獣娘は狐っ娘なのです(※あくまでも個人の考察です。
そんな風船を頭にラストゲームに臨んだところ、残念ながら、繰り返しますが残念ながらスタート数十秒で味方に風船を割られ、セーフティ帰還ぶっちぎりの一等賞です。
FFの切なさは知っているつもりでしたが、時(ラストゲーム)と場合(風船)による増幅効果が半端じゃなかったです。
さらに、九龍のセーフティとバトルエリアの間は壁一枚しかないので、一人で帰り支度をしながらも聞こえてくる銃声等によってじわじわとダメージを受ける追加効果が……

しかし、そのダメージは2XLさんから頂いた柑橘系のキットカットで回復してから帰路につきました。
柑橘とチョコって合わないかと思ってましたが、美味しいですね。

そんなゲームレポート。
貸切は定例会にない雰囲気で楽しかったですし、きっと今回ほど参加者が集まったのは2XLさんの人望と九龍の立地なんだと思います。

主催の2XLさんをはじめ、スタッフさんや参加者さんも、お疲れ様でした&ありがとうございました。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

ラージ

ラージ

お疲れ様でした。
FFマジでごめん!

オランジェっとで検索すると幸せに慣れるよ。

こっくり

こっくり

>>2XLさん

レス遅れましたが、お疲れ様でした。
誤認射撃だったと聞いてまだ救われました。
スタート前に「17キルできる」的な発言があったので、マジであえて手近な味方から狙っていたのかとw

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。