夏休みも終わりますね。
ということで中学時代の友達と今日は曇り空のなか、畑と山でサバゲしてました。
ホントは学校(夏休み中で校長とも知り合い)でやりたかった。
今回は後輩がさらにその下の後輩&その友達(興味あるけどやったことない)を引き連れてハンデ戦を挑んできました。人数がいると室内は不利ですね(^^;)
メンバー
俺 同級生4人 後輩3人 後輩の後輩5人
外は地の利があるけど、かなり厳しい戦いになりました。
後輩のスナイピングは厳しかったw
昼休憩取らずに飯を食いながらやってたのでかなり疲れたww
装備のMac10は途中でバッテリー切れ、途中からハンドガンおんりーでやってたのでほんとに厳しいw
5回の山をやった後、室内戦を何回かやってました。

室内戦
1 見てるだけの友人(玉運びですね)に装備をすべて渡します
2 その友人に装備を家の中に隠してもらいます(タンスとか机の中とか)
3 すべて隠してもらったら家の中に入り、適当なところへいきます 
 ※このときに装備を隠し持っていたりマガジンを持っている。もしくは移動中に装備を採るのは反則となります
4 隠した友人が笛を思いっきり吹きます(スタート)
5 銃を探していざ勝負! ちなみに探してる人を撃っても構いません。ヒット扱いです。

このルールで今日驚いたのはいつもやってるのはマガジンが着けてある状態だったのに、今回はマガジンも探さないといけないということでしたww
スナイパーライフルは簡単に見つかるのですが、肝心のマガジンが見つからず・・・
後輩に何度もホールドアップされましたwww
そのルールのあとは普通に技術練習(兆弾)をしてました。初めての後輩にも結構楽しんでもらえていい一日でしたw

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

二等兵見習補佐ナガシマ

二等兵見習補佐ナガシマ

いろいろ工夫したルールでやってる人多いですね。
俺が個人的にやってみたいのは2チームに分かれてそれとは関係ない「いくら撃たれても死なないゾンビ」がいて人を見つけたら撃つという通称「バイオハザード」というゲームです。

ゲル化剤

ゲル化剤

そのルールを昔やってみたのですが、ゾンビ役が痛いこと痛いことww
厚着などをして防いでいたのですが、夏は暑すぎてw
装備の改良が求められましたねw
近所にはサバゲ専門のショップとかそんな便利なところはなかったし、ネットもうまくつながらなかった所なので牛乳パックとかダンボールとかでプロテクターを作ってましたね。懐かしいです。
それでわかったことは牛乳パックでガスに打たれても5mくらいなら当たったなーって感じるくらいだったことですねw

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。