デュアルセクター組み込み編です。
結論からいうと、メカボに組み込んでセミフル動かすまでは
順調に進みました。

おわり。

って、これじゃネタにならねーよ!

と、いうわけで
今回は、加工物品小ネタ集となります。

image.jpg

ピストン
ピストン後端の歯を階段状に削るよろしとの事でしたので削りました。

前回、SHSのテッチンギアを4枚セクカした際
あまりの硬さに初っ端から心がへし折られかけたのですが
今回はやたらサクサク削れると思ったら、歯が焼結材でした。

焼結材を否定する気は無いのですが、
強度を優先したく、フルメタルティースピストンを買っただけに
ちょっと残念。

しかも、ピストン内径が狭く、マルイ純正スプリングは入らず、
ピストンベアリングは、キツキツで圧入するような結果となり、
重りにしかなりませんでした。

image.jpg

とりあえずこのまま運用します。

image.jpg

タペットプレート
今回買ったセクターギアに付属したタペットプレートを加工します。
ちなみに、このタペットプレート
ver2用タペットプレートの羽部先端を、ニッパーでぶった切っているという
男…いや、漢前仕様

DSG用タペットプレートといえば、
タペットプレート羽部を台座から11mmで切り、
そこから横側を削って行くのとの事なのですが、
ニッパーでぶった切ったままの切り口を計測すると…

11mm〜12mmでした

おい!ギリギリやんけ!

しかし、過去に売られていたものは8mmで切られていたとか…
嗚呼、オソロシヤ

基本的にはガンジニアさんのHPにあるように
ピストンを引ききった位置から、
タペットプレートの羽部を合わせて切っています。
一応確認しながら作業はしますが、切り取り位置までそのままです。

ええ、ネット社会の申し子です。

加工が終われば後は組むだけ、組んだら早速試運転です。
セクタープレートをセミオートに合わせて、トリガーを引くと、
「パコン!」
あっ、案外フツーだ

次はフルオートです
「パココココココ」
M120スプリングの影響からか、リコイルは強め。
しかし、なんかフツー

フルオート射撃音をパソコンで録音し、サイクルを調べると…
秒間23発
あ…なんか微妙な数字です。
確かに、EG1000モーターに7.4Vリポで
このサイクルは悪くない気がしますが…

ただ、ピストンの引き代を半分近く犠牲に事を考えると
本当に微妙です。

とりあえず、加速していない加速シリンダー
(シリンダーの穴までピストンが戻って来ない)
をなんとかします。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 9

ばろん

ばろん

やまぎょさん
いらっしゃいませ。
サイクルの件、確かに低いんですよね。
一番ありそうなのは、バッテリーだと思います。
とりあえず、まずは満充電してから再計測ですね。

ピストンはおっしゃる通り
バトン製です。

大和

大和

弾速計を買わないとヤヴァイですよ

やまぎょ

やまぎょ

バトン製のピストンは、、、、、、ネットで調べてください。自分の口からは、、、、、

ばろん

ばろん

大和さん
弾速計は一応持ってます。
紙のやつですが…
正確な初速はわかりませんが、
法定速度が超えてないかと
だいたいの弾速がわかればとりあえず良しとしています。

ばろん

ばろん

やまぎょさん
皆様、だいたい自分と似たような事を言ってて笑えました。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。