仕事でサバゲーにいけないので、以前から思っていた疑問を投下。
それは、「クイックピーク」
いわいる、チラ見の事だと思うのですが、動画などで見たり、フィールドでもやっている方を見るようになりました。
あの動き。チラッ、チラッ。

最初に言いますと、私はクイックピークをやっている方や、動画を上げている方を
デイスるつもりはありません。
ただ、ただ疑問なのです。

クイックピークの何が疑問なのかといいますと、あの動きが有効な場面がまったく
思い浮かばないのです。
自分でも試してみたり、色々考えたりしたのですが、
あの動きが必要な場合って、銃を構えるスペースが無く、かつ先の状況を把握しなければならない。しかもあの一瞬で把握できるくらいの、極極限られたスペースの
話。
サバゲーでそんな状況って、まず無いと思うのです。
これが、実際の戦闘状況でしたら、状況次第では非常に有効な気はします。

バリゲ、近接戦闘でのチラ見は、もちろん有効です。
しかし、私が言いたいのは、「何故銃を構えてやらないのか?」
銃も構えず、頭だけ出して、チラ、チラ・・・「私は此処に居るよ、私は此処に居るよ」
ってアピールしているようにしか思えないんですよね。
もしくは、相手をオチョクル感じですかね。

せっかく索敵するのだから、居たら撃とうよ。
中らなくても、けん制になって上手くいけば、相手の方は頭引っ込めるかもしれないじゃないですか。

同じチラ見なら、銃を構えて直ぐ攻撃できるようにして、やった方が良いと思うのですよね。実際私はそうしてます。(別に強くないです。直ぐやられます。)
ずっと動きっぱなしで、ずっと銃を構えている事になるので、
バリゲ、近接戦闘は私の場合は以上に疲れます。
体力と腕力を鍛えた方が有効に思えるのです。

と文句のようにも取れる文章でしたが、
暇つぶしで書いてみました。

正直どうでも良い話で、皆好きに動くのが一番良いと思っています。
ですので、異論は大歓迎です。
どうでも良い話ですので、反論は無しでおなしゃーっす!
無視もありです。(笑)

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

斜陽のБеркут

斜陽のБеркут

両用派の異論として
銃を構えて覗き込む場合: 仰る通りの駄賃狙い 先に敵を迎撃出来る形勢に持ち込みたい時
顔だけ半分覗かせる場合: 敵に押さえられている蓋然性の高いルートを覗き込む時
銃を構えた状態での出し入れでは動作が鈍い&視界が狭まり、尚且つ応戦に夢中になろうものなら既に待ち伏せていた敵の思う壺なので情報だけ掠めて退きますね。

同じく実戦からのテクで敵の照準をかわして地面スレスレから頭を出して様子を窺う際も、匍匐状態から上半身をセットで動かすとなると反撃の隙を与えかねないので見るもの見たら引っ込めます。
要は状況に応じて索敵と攻撃のどちらを優先するかの割り切りといったところです。

 とらのすけ

とらのすけ

斜陽のБеркут さん
コメントありがとうございます。
なるほど、そのように使われているのですね。
同じ状況でも、私と考え方や動き方が違うのが非常に面白いです。
いやはや、ためになります。
本当に、ありがとうございました。

わいら しゅとらす

わいら しゅとらす

今晩は。私も良くクイックピークをアウトドアで使います。
寧ろ敵を引き付ける目的で使います。

クイックピークは銃を構えない一瞬を相手に見せることで相手の注意をこちらに向けさせることが出来ます。
その稼いだ時間の間に味方が他の射角からその敵をヒットしてくれることを期待してやっています。

 とらのすけ

とらのすけ

グーデンタークさん
コメントありがとうございます。
その、発想は無かったです。
おとり、ですね。そのクイックピークはテンション上がりそう。
まさに、「俺の屍を乗り越えていけ!」みたいな(笑)
ために、なりました。
本当にありがとうございます。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。