WW2ドイツ軍装備者には便利な旧AGM製ですが、大戦中のものなのでもちろん20mmレールなんて便利なものはありません。
ショウエイ製のマウントセットを買えばいいのですが、あれはかなり高価でさすがに手が出せない・・・
ネットで検索するとタンジェントサイトを取り外して「マルゼンM4506用マウントベース」を取り付けることが可能と言う記事がありますが、古いパーツなので今ではほとんど入手不可能です。

そこでいろいろ調べたところ、「MAGPUL PTS ポリマーレール L2(5スロット) 」がネジの間隔も近くイケルことがわかり、
実際、購入してタンジェントサイトを取り外してつけてみたところなんとピッタリ!
これによりレールを利用するオプションを取り付けることが可能となりました!
スコープマウント自体は「マルイ NEWハイマウントベース」を採用しましたが、大体レールの長さとあっているのでちょうどよいと思います。
スコープはせっかくなので98k用の「タナカ ZF41」を取り外してしてつけてみました。
(ただし、直径がマウントと合わないのでホムセンで買ってきたゴム製のでこぼこした滑り止めをまいて調整しました)

アイリリーフが結構遠く、正直スコープを乗せても使いづらいですが、雰囲気は出ます。
StG44をお持ちの方はぜひお試しくださいませ。

今はタナカの98k用のマグポーチ代用品を探し中です。
アマゾンでいい物を見つけたので、うまくいったら紹介したいと思います。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。