電動ガンの消音について
 日々色々な方が色々な方法で試行錯誤を繰り返していると思います。
 消音化の方法として主に
  ・サイレンサーの取り付け
  ・メカBOXカスタム(エアブレーキやソルボセイン等)
 が上げられます。

 ただしメカBOXのカスタムについては苦戦している方を良く見かけます。
 消音カスタムによって引き起こされているメカBOXの故障としてよく見る
 のが
  ・ギアクラッシュ
  ・ピストンクラッシュ
  ・初速低下
 といったところでしょうか。
 書くと長くなるので書きませんがだいたいはピストンもしくはシリンダー
 ヘッドに緩衝材を貼ったためにピストンの最前進位置がずれた事によるも
 の、もしくは緩衝材やエアブレーキ、ピストンヘッド重量等のバランスで
 前進速度が低下したことによるタイミングのずれで起こります。
 
 成功している方々を見てみると何度も実験を繰り返しトライアンドエラー
 の末に成し得ていると思います。

 ここからは個人的な考え
 「メカBOX」で消音を行う事はそれにより「何か」を失っているはずと
 考えました。
 例えば、ピストンの打撃音を減らす

     この目標のために
      ・緩衝材をピストンとシリンダーヘッドの接触面に貼る。
 
 これを行えばピストンの打撃音は減りますが、その犠牲としてピストン
 重量の増加によるピストン前進速度低下から「初速が落ちる」。
 貼っただけなのでピストンの最前進位置が後退した事によるギア、ピス
 トンクラッシュの可能性増から「安定性、信頼性の低下」。
 のように相対的に何かを犠牲にしているはずです。

 私の考え方として
 ・「メカBOX」は決められたサイズの箱
 ・「機能」はその箱の中に入れる可変可能なサイズの物
 として以下のように考えています。
 
 「メカBOX」に100のキャパシティーがあります。
 そこに「機能」として
  ・「安定・信頼性」:故障率や耐久性
  ・「サイクル」  :発射レート
  ・「消音性」   :消音効果
  ・「初速」    :最大初速や飛距離
  ・「コスト」   :費用やかかる時間
 を振り分けて入れます、各「機能」の平均値は20、標準的なマルイ製の
 スタンダード電動ガンがオール20くらいと考えます。
 
 この内部の振り分けの「バランス」によって電動ガンの性能が変わります
 例えば、
  「安定・信頼性」15
  「サイクル」  40
  「消音性」   10
  「初速」    15
  「コスト」   20
 こうするとおおよそHC電動ガンのような物になります。
 
 きっとメカBOXで消音化を成功した方々は
  「安定・信頼性」15
  「サイクル」  20
  「消音性」   40
  「初速」    15
  「コスト」    0
 このようになっているのではないだろうか、作成に時間とかなりのコス
 トを消費したからこそ成しえたという感じだろうかと...

 分かりづらかったらMHの防具と装飾品によるスキル調整のような感じ
 と思って頂けると分かりやすいかな?

 メカBOXでの消音化を成功させた方々はきっと自分に折り合いの付く
 「バランス」を発見したのだと思います。
 しかしそのバランスを発見するためには「コスト」をかなり使う、これ
 はなかなかできる事ではありません^^;

 ここまでぐちゃぐちゃーっと書いて来ましたが言いたい事としてすぐに
 消音性が欲しいのであれば「サイレンサーを付けろ」、という事です。
 メカBOXの消音カスタムを否定するわけではもちろん無いですが特別な
 理由、例えば「これ以上銃を長くしたくない」などが無ければメカBOX
 側を消音化するよりそれにかかるコストでかなり良いサイレンサーが買
 え手軽かつ効果が期待できます。
 
 
 まぁ、こんな事を書くのも「初速は90くらい、秒20発以上でサイレント
 カスタムしてくれ。納期は1週間、費用は1万以下ね。」なんて依頼が
 あったからなんですけどね‘・А・)
 
 はい、無理です‘・А・)
 忙しいんだから...

 

 さてさて上記はこの辺にしてサイレンサーについて
 知人が使用しているP90がやたら静かなので何だろうと思いたずねた
 ところ本体はノーマルで....

IMG_1428.JPG

 LayLaxのHKサプレッサーが付いているだけでした。。;
 (なんか外装が凄い事になっていますが気にしない)

 えぇ、驚きの静かさ...

 気になったので簡易に計測してみました。

IMG_1422.JPG

まずは静時の室内の状態。
おおよそ35dBA

続いてサプレッサー無し

IMG_1425.JPG

こんな感じ、弾を使わず空撃ちなので射撃時にはもっと静かかな?

続いてHKサプレッサー

IMG_1427.JPG

お、おう。。;
55dBA おおよそ普通の声の大きさで人が会話している程度の大きさ
マズル正面で取っているので側方や30~40mも距離があればほとんど聞き
取れないのでは?

下手なサプレッサー買うよりちょっとお金貯めてこれを買った方が消音効果
を期待できそうです。
またもうすでにサイレンサーを所持している方にはこのサプレッサーに使用
されている吸音材が別売り(おおよそ¥4000くらい)しているみたいなので
消音効果を上げたいのであれば1度お試しあれ・ω・)ノ

なおこのHKサプレッサーショップによっては¥7000ほどで買える模様...

半分愚痴でしたが本日はここまで・ω・)ノ

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 8

やっさん

やっさん

いやーお見事です。激しく同意
カスタム=壊す。バランスを壊す事。

やはりお手軽なのは、サプレッサーが一番楽ですね。

もう少し欲を言えばギアノイズもお手軽に済ませたい。
こちらもメカボ分解が出来る方は簡単な方法ありますね。
ギア(べベル・セクター・スパーギア)のみを組み込んで、
30分くらい慣らし運転。
早く慣らすためにはギアを脱脂してからぶん回す。
潤滑剤が無い分、ギアの馴染みが早まる。

緩衝材にまで手を出すなら、ハネナイトを使用。
限られた場所で衝撃を緩和するのには、ハネナイトの方が効果的等々。

まぁーぶれない方向性があれば、アレもコレもって言わないw

消音に特化するなら電動は使いません。

須藤 圭

須藤 圭

私も使ってますHKサイレンサー。
性能は言わずもがな、現在市販でMac10用に次ぐ太さが良いですね。
サイレンサーに関してはそれぞれ同じ条件だと、長さ>太さ>材質の順に効果が変わるようです。

>メカボのバランス
まさにそんな感じですよね。

個人的に消音銃はサイクルは捨てる物だと思っています。
リスク軽減もさることながら、実際撃つ時はセミオート~バーストで場所を特定されないよう運用するものだと思うので。

なお手持ちの消音銃は、

 コン電ノーマル+HKサプ>>>>M4消音カスタム

...なぜだor2

みどりわし

みどりわし

>やっさん様 コメント有り難うございます。

ギア慣らしはなかなか大切ですねよね、液状研磨剤を入れて回すという荒業
を昔はやってました^^;
さらに騒音を減らすなら軸受けも大切ですね、ベベルのように低負荷高回転
のところはベアリング軸受けに変えるだけでも良い感じに...
ハネナイトは使った事無かったですね、今度調べてみよう・ω・)

>須藤 圭様 コメント有り難うございます。

なるほど、やはりサプレッサーの形状は大切なのですね・ω・)

 >電ハンの方がHKサプつけた時に静か

 おそらく電動ガン自体が発砲時に出している音域の違いに由来するかも
 しれません、バレルが短ければその分高い音が出ます。HKサプは特に
 高音域の音をよく吸収してくれるようなのでそのように感じるのかもで
 す・ω・)

NOS

NOS

外側からコメント失礼します。
消音ということで自分もカスタムをしてきました。
試行錯誤の末にP90-TRをエアーブレーキ仕様にして初速が0.25弾で84m/s、サイクル20発まではいけましたがここから先は難しいようです・・・
今のところピストンクラッシュやギアの磨耗といった問題は見受けられません。
ただ初速を上げたことでエアー圧縮時の破裂音が大きくなった感じがします。(サブプレッサーで小さくはできますが)
あとコスト面はやはり1万は超えてくるので依頼された内容では自分も難しいだろうなと感じました。
駄文失礼しました。

みどりわし

みどりわし

>NOS様 コメント有り難うございます。

やはり初速を上げると破裂音(おそらく高音域の)が短いバレルだと目だっ
て来てしまうんですね...
「初速」「サイクル」「消音性」このバランスをどのくらいの割合で折り合
いを付けるか、が短時間では難しいのですよね^^;


>コメントをくれた皆さまへ

もしご自身の電動ガンがどの位の「騒音」を出しているか気になる場合は
スマートフォン等のアプリで簡易的に計ることができます。
今回使った計測機器も¥3000~¥4000程度で手に入るので気になったら
試してみてくださいませ・ω・)b

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。