image.jpg

なんとなく中古取扱いのある店をめぐっていたら、、こんな掘り出し物がありました。

NOVESKEの11インチだか12いんちだかのレールハンドガード。

これ手に入れれば計量化と近代化?あとチャラくできそうだなーと思い購入してきました。

早速ウチの一番短い背骨カスタムの子をバラして組み立てー。。。

。。
つかない、、、orz

image.jpg

純正アウターバレルの基部の、この出っ張りが、ハンドガード固定のためのナットと干渉して嵌らないことがわかりました。

この出っ張り、正直なんのためにあるのか今となってはわからないので、カットしちゃいました(≧∇≦)

image.jpg

ディスクグラインダーでバッサリ。

あらためて、組込も、、、
やっばり嵌らない、、、

さっきカットした出っ張りもそうだったのですが、実はアウターバレルのチューブを止めてるネジも干渉してることがわかり、取り外し、、、
アウターバレルは小さなイモネジ1本に運命を託されることに、、、

image.jpg

そんなこんなでまあ、形にはなりました。
イマドキ風のチャラいスタイル。背骨カスタムの不満点だった重量もかなり軽くなり、好感触です。

ハンドガードの穴から見えるバレルが、旧タイプ、スリーピースのものだし、他の人たちと違いガスチューブとか組み込んでないので、ちょっとまじまじ見られるのは恥ずかしですが、まあ見えにくい部分なんで今は気にしない。

でも強度的に不安はあるので今度一体型のを買ってこよう。。

あと火を吐く豚さんのフラッシュハイダーも

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

しょっつ

しょっつ

image.jpg

コメント失礼します。

自分も同じハンドガードを組み込んで使用しています。
箱に表記されていたインチ数が12.なんちゃらという細かい表記だったのを覚えています笑

豚さんハイダーが似合いますよね

ぐらお

ぐらお

こんばんは。
新着からコメントさせていただきます。
ハンドガードの妙な長さについてですが、noveskeの製品は妙な長さの物が多いのが特徴ですね。
ご存知でしたらここから先のコメントはいらんお節介になってしまいますが、どうやらバレル長との兼ね合いのようです。
用途や目的、法律や競技のレギュレーションの関係からか、実銃のARは日本でよく知られる20、16、14.5インチ以外に12.5インチや13.7インチのものがあるそうです。
一見中途半端な長さのハンドガードは本来それらのバレルと組み合わせることを想定した製品なのでしょう。
ちなみに、ハンドガードの長さ+0.8インチのバレルが組み合わさることで、ぱっと見ツライチになるようです。

長々と失礼しました。
しかし、M4沼っていいもんですね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。