original_file

はい、自分のコバM4のホップ部分です
ちょっと見てもらえば分かるけどホップアームがずり落ちないようになってます。何をやったかというとサイドに0.3mmプラ板を瞬間接着剤で貼っただけなのですけどw

で、ホップの掛かりが悪かったので自分はこの先の抑える部分に0.3mmのプラ板を瞬間接着剤でつけてました。そして今日確認したところそれがホップ左面を押す箇所がやや高くなっておりました(つまり左側に強いホップがかかる傾向だったと思われます)

やはりプラ板ではだめだったかーと実感しつつ次の手段を考えますかね。アルミテープとかあの辺りなら均質でしょうし

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

やっさん

やっさん

俺は他の加工が気になる。

フレームロックピンを通す穴の部分を加工されているようで

コバ純正パーツを加工されたものと推測。

コバ製とKJ製では、コバの方が厚みがありKJフレームにはポン付け不可

ってか自分も加工しましたのでw

話は変わりますが、折角のツイストバレルが本来の性能を発揮しきれていないと思います。

原因はコバのホップシステム自体に問題があると思います。

確かに使い勝手は良いのですが、問題点としては下記の通り
※なお、過去の色んな見解は見ておりません。あくまでも個人的に思った事を書き出してみます。

1.ホップの微調整が甘い(出来ない)
マルイの新しい奴やProWinのホップチャンバーは、微調整が出来るがコバのチャンバーは、そこまでに達していない。

2.パッキンを適切に押さえていない。
上記画像の通りアームにてパッキンを押さえる訳ですが、パッキン外部には丸い突起がありそれをアームの突起で押さえる構造ですが、なんか適当に押さえているとしか思えない作り。
だたしあくまでも個人的な見解なので、それが正しいのかはわかりませんw

参考まで。

1.に対する打開策として、有名なパカ凸さんのブログにて、たまたま発見
アームの直上に芋ネジ加工して芋ネジでホップ調整。
ただし、アームの直上の計測していませんw

2.に対する打開策として、こちらは赤みそ太郎さんと同じ見解。ただし試してはおりませんが、アームの先にはホップテンショナーを加工して、均等な力加減でパッキンを押さえられないかを模索中。
アームの突起が半球であるためそれを上手く流用してみたいと思う今日この頃。時間が無いので妄想ばかり先行しておりますが><b

んまぁーGBBは初心者レベルなので、説得力に欠けますが^^;

赤みそ太郎

赤みそ太郎

>やっさん
フィーディングランプパーツの写真を見れば分かるとおり加工してますね。これは一度フレームロックピン周りのフレームを割ったのでワッシャーとエポキシ接着剤を盛って補強しているためです(コバに余剰フレームがない為
妙な割れ方をしたので巣が入ってたんだと思います。多分

ホップ周りに関してはマルイシステムに切り替えたいんですけどあのパッキンの突起がネックなんですよね。
アレがなければ3Dスキャナで試作アームと押しゴムを使うんですけど、それがないため突起の中央部を確実に抑えるため、ホップアームがぶれないように(実は無加工だとアームはダイヤルで簡単に左右にぶれます)プラ板でガタを無くしてます。つまり理論上この形ならあの突起の真ん中を抑えることが可能だと見てます。
実際極めて右曲がりだった弾道がやや左曲がりになりましたし組み付け精度との兼ね合いですかね、後は

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。