先日一か月ぶりのサバゲーに参加してきました。
と、言ってもリーダーのお知り合いチームのゲームに参加させてもらった形でしたが。
集合時間の連絡がなかったので取り合えず9時にフィールドに到着するとみんなきてるぅ~。
急いで支度しようとするもその場にいた人の中に私を知っている人がいて話しかけてきました。
その人たちはまだ初心者なのであれこれ相談に乗り説明をしているとゲームが始まりみんなフィールドへ行ってしまった。
「まぁ15分もすれば帰って来るだろ」と思って支度をして待っていても誰も帰ってこない。「おかしい。もう9時40分なのに誰も帰ってこない。セーフティーはここじゃないのか?」と思ってフィールドと思われる方へ行ってみたが誰も居ません。発砲音も全く聞こえません。
仕方ないので駐車場で待ってるとみんな反対方向から帰ってきました。orz
時間的に2ゲームか3ゲーム参加できなかった感じです。(>_<)

で、次のゲームからやっと参加できました。しかし、フィールドと思った方を見て「見通し良すぎるだろ」と思っていたら「こっちだ」と言われ更に?マークが浮かびました。フィールドの真ん中にでかい水たまりがあります。
「こんな場所でどうやって戦うの? 手前側は侵攻方向が限定されてすごく攻め難いと思うのだが? さらにブッシュもない」と思いました。
「参加者6人という少人数だからこそ成立するフィールドか」と思いました。
そして適当にチームを分けてゲームスタート。
初めてのフィールドで敵の動きも味方の動きも解りません。
なのでとりあえずフィールド経験者であるチームメイト二人に付いて行こうと思ったら、一人は敵の出方を待っているのか動きません。体を隠せるブッシュすらない場所で棒立ちです。
もう一人は後ろへ下がり水たまりを挟んで会敵地点と予想される方向とは逆の方向へ歩いていきます。状況が解りませんw なので一人で突撃しました。
敵には隠れる場所があり完全に待ち伏せされてます。
「さて、どこから出て来るか」と思っていたら前方のブッシュに人影が見えたので発砲。とりあえず1キル取りました。「やった!とりあえず一人。」と思っていたら横から撃たれヒットされました。
「こんなブッシュの無い人が隠れられない様な細い木しかない開けた場所に居た敵に気付かなかったとは…orz」と思っていたらゲームが終わって「意外と気づかれないでしょ」と言われました。
私もまだまだ索敵能力が低いですね。(>_<)

裏ゲームでは敵にすごい機動力の高い人がいてゲームがスタートして「奥側からはどう攻めるべきか…」と考えていたら後ろに人影が。3人チームの内一人はすでにヒット、もう一人の味方は左に進んでいった。では後ろの人影は誰か? 普通に考えれば敵だけどこの短時間でもう後ろに回り込まれるなんてある? 後ろから撃ってくる様子もないが放置して置く訳にもいかんと思い後ろの人影から見えない位置に移動しました。
するとさっき後ろに居たはずなのにもう横居ます。「なんだこの機動力の高さは?」と思いました。運よくヒットできて敵をせん滅しゲームに勝利したのですが、その機動力の高い人の装備は初心者なのかそれとも機動性を重視したのか動きやすい黒の上下ジャージ、ベスト類は無し、武器はMP5K A4でした。
「なんという超軽量装備!こんなのも有りだな」と思いました。

11時になると午後から仕事なのか帰り支度をする人が出始めました。
代わりに今日初めて銃に触るという初心者の人が来ました。
主催チームのリーダーさんが今日初めての人に自分の銃を貸して、リーダーさんの銃は余分を持ってる私から借りることになりました。リーダーさんは私の持ってきた銃の中で一番高い次世代CQB-Rを選択しました。
「リーダーさんが使ってたのはHK416なので操作系が似てるからなのかな」と思いました。
が、1ゲーム終わったらリーダーさんは今日初めての人と銃を交換しました。内心「それはやっちゃダメでしょ!持ち主の許可なく又貸しするなんて!しかも今日初めての人に私の持っている銃の中で一番高い銃を渡すとか!銃の扱いを解ってる人だと思ったから貸したのに!」「あなたには貸せるけどあなたには貸せない」なんて言えないじゃないですか!幸いにも傷付きませんでしたがもうこのチームの人に銃は貸せないと思いました。

ラスゲーで左側のブッシュに隠れて居た初心者さんをまずヒットしました。
「つぎはどこ?」と思い右側を見ていると左側から発砲音が聞こえました。
見ると高機動装備の人が立っていました。「しまったぁ、完全に不意を突かれた、二人居たのか!」と思いましたが「当たった感触も音もしなかったぞ?外した?この距離で?相手はオーバーキルを遠慮して撃ってこないみたいだ。これで反撃したらゾンビみたいだな。」と思ってヒットコールしました。
いや~二人居るとは思わなかったので左側は完全に油断していたのが悔しいですねw

しかし何とかトラブルもなく終えることができました。
内心は宝物のCQB-Rが傷つかないようハラハラしてましたがねw

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 12

アネクドート

アネクドート

まんねん伍長 さま、コメントありがとうございます。

銃はもちろんのこと、ゴーグルも無しですよ。
本当は見学に来た人なんじゃ無いですかね。
それをリーダーさんが何の準備も無いのに無責任に「体験プレーしてみない?」とか言ったんじゃ無いでしょうか。
私がゲームに初参加の時は銃やゴーグルなど最低限の装備はして行ったものですから。
今度は所属チームの定例ゲームで何の心配も無くやりますw

アネクドート

アネクドート

todosan さん、コメントありがとうございます。

又貸しは想定外の事態でしたよ。
初心者だとどんな想定外の無茶をするか解りませんからね。
操作方法や構え方など全く教わろうとしなかったし。
でも無事に戻ってきて一安心です。
楽しくないわけではありませんでしたがCQB-Rを心配する気持ちの方が大きかったのも事実ですしね。

なんと!タクティカルエプロンは機動性高いんですか!?

アネクドート

アネクドート

せんせい さん、コメントありがとうございます。

なんと!貸したらお礼を付けて返してくれたんですか。いい話ですなぁ~。
こっちは見事に信頼を裏切られましたよw
壊しても良いと思える銃なら又貸しされてもたぶん愚痴は言わないでしょうけど、よりにもよって一番壊されたくない銃が「今日が銃に触るの初めて」の人の手に渡ってしまったので心配で心配で。
楽しくないわけではありませんでしたがゲーム中はずっとその初心者さんを目で追ってましたw

ゾンビ伊助様

ゾンビ伊助様

さすがに大将、例の煽りコメントを軽く打ち返すし、
もしかして血液型🅱でしょうか。

アネクドート

アネクドート

ゾンビ伊助様 さま、コメントありがとうございます。

あー、あのあちこちで書かれてるやつですね。
サバゲーで1発も撃たずにヒットされたような気分にはなりましたが、その程度でいちいち腹を立てていてはゲームに参加できませんからね。
私はミステリアスな自分ってカッコいいって思ってるナルシストなAB型ですw

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。