東京マルイ M14 ウッドタイプストック


スペック

時代の要求により、再び表舞台へ!
時代は21世紀ヘと移り、世の中の紛争も変化を見せる。9.11同時多発テロ以降のアフガン作戦、イラク戦争など広闊な砂漠の戦場では、長射程での射撃戦が中心であり、もともと長距離の狙撃を得意としたM14が、M16/M4に代わって再び使用される事となったのである。戦場では、1957年の採用当時のウッドストックを装備したM14や、多様な塗装を施されたグラスファイバーストックのM14などが雑多に存在しておりその優れた性能と戦闘能力は健在である事が証明されている。
 
●東京マルイ 電動ガン “U.S.ライフルM14”
東京マルイ開発陣は、そのドラマティックな半生に魅せられ、電動ガンの製作に着手。無可動実銃からの採寸や数度に渡る海外取材を決行する事で、M14の多様なストックバリエーションが存在する同モデルの現状から、シリーズとしては異例の2タイプを平行開発。伝統的な軍用ライフルならではのスタイルを楽しめる〔木製ミリタリー仕様〕=「ウッドタイプストックバージョン」と、フォアエンドとグリップにチェッカリング加工が施されホールド感バツグンの〔現用グラスファイバー仕様〕=「ファイバータイプO.D.ストックバージョン」同時発売する事となった。今回のM14のために新規開発された〔Ver.7メカBOX〕は、小型かつ静粛性に優れ、実銃の発射サイクルに近づけるため〔EG700ハイトルクモーター〕をあえて搭載。また、電動ガン初となる〔クリック感のあるリアルフィーリング・トリガー〕を採用。
切れ味鋭い新鮮な射撃フィーリングを実現している。M4A1 S-システム等でも好評の〔アルミ一体型アウターバレル〕をはじめ、ボディ構成パーツは実銃通りフルメタルで再現!結果実現した高い本体剛性はさらに熟成の進んだ〔可変ホップアップシステム〕とも相まって、シリーズ最高レベルの優れた命中精度を発揮する。特徴的なロータリーボルトは、オペレーティングロッドを操作するとボルトローラーがロッド内面のガイドに沿って運動、ボルトは実銃同様回転してフルストロークで後退すると言う究極のリアリズム。さらに実銃同様のテイクダウンプロセス・フルアジャスタブル(ダイヤル&ラダータイプ)リアサイト等、M14ならではの本体ギミックも忠実に再現。

メーカー
JANコード 4952839170804
発売日 2005年8月9日
全長 1,127mm
銃身長(インナーバレル長) 500mm
重量 3,850g
弾丸 6mm BB弾
装弾数 0発
動力源 ラージバッテリー 8.4V1300mAh
メカBOX Ver.7
モーター EG700

レビュー 9

3.25点


Q&A 0

M14 ウッドタイプストックについての質問はまだありません。


写真 1

もっと見る


スポンサーリンク