レビューした装備

総合評価

4点(良い)

とにかく、「CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-」でのパッキーが使うセカンダリウェポンである、これだけでもう充分です。
中古、かつ旧型のレースメカ仕様(個人的にはPreSys7と呼んでます)ですが入手出来たので、装備レポをアップしておきます。

見た目や質感について

4点(良い)

KC4D1351_1024.png

ある意味見た面がすべてです。
外連味に満ち満ちた外見は好き嫌いが分かれるでしょうが、仕上げと質感、特に重量感と、重量バランスは絶品です。似た外見を持つマルイのストライクウォーリア、こちらがプラっぽさを全く消せてない&重量バランスが後ろ寄りすぎなのに比べると全く違いますね。
中古入手時点で、外見の特徴の一つ、ハンマーガードが欠品してまして、どうやら外れやすいと聞きます。部品取り寄せ中なので、装着したら写真差し替えます。
※差し替えました。
作動については、恐ろしくキレの良いストライクウォーリアに比べるとだいぶもっさりとスライドが動く感じです。システム7だとその辺が改良されているんでしょうけれど。ガンガンダブルタップしたい、シャキシャキ動いて欲しいという要求に対しては、もっと頑張りましょう、なのだと思います。そこだけ星一つ引いてます。充分ダブルタップ出来ますけどね。

初速や集弾性について

5点(とても良い)

2020321001s.png

初速:72.2 68.7 68.8 71.0 69.3 平均70.0m/s
集弾:横2cm×縦5cm@5m (万力で挟む簡易レストにて)
縦がちょっと散ってますが、リコイルの影響で狙点が少しずつ上に向いた可能性はあります。
それでも、5mで左右に2cmは優秀でしょう。
中古入手なので全オーナーがどうイジったかは不明ですが、多分オリジナル状態だと思います。
もっと弾着が暴れるかと思いましたが、これは嬉しい誤算でした。
初速も、もうちょっと欲しい気はしますが、室温14度での計測ですからこんなもんでしょう。
※なお、弾着が左に寄ってますが、サイト未調整&あくまで集弾が見たいのでゼロインは無視、の条件での計測です。為念。

剛性について

5点(とても良い)

ストライクフェイスやレールに亜鉛合金が使われていることもあり、剛性は充分以上に感じます。
ここも、ストライクウォーリアと決定的に違いますね。
万力レストで撃つのに、レール部を挟むのにあまり罪悪感を感じずに済みました(笑)

持ち運びやすさ(重さについて)

3点(普通)

重さは、私こと七面鳥は「この重さが正義!」と感じますが、ゲーム用途では重すぎかも知れません。その意味では前の軽いストライクウォーリアの方がゲームには向いているでしょう。

取り回しの良さ(全長について)

3点(普通)

長さも、上と同じ理由で評価が分かれるところ。
ホルスター探しも苦労しそうです。

カスタムについて

3点(普通)

DSC00077_(2)_1148.jpg

これ以上何が必要?って感じで、手を入れる所がないと言う意味で星三つ。
ただ、スライドストップのノッチがめくれるとか、スライド引きでスライドストップが開放されないとか、細かい要改良点は残ってます。
(七面鳥の個体はまだめくれてませんので、早めに対策してあげる予定です)
個人的にはメッキのロングスライドストップが欲しいですが。
あと、パーツでファイバーのフロントサイトが用意されているので、それも試してみたいですね。
※KSCのファイバーフロントサイトを取り寄せてつけました。
外装でいじれるのはこれくらい?ピンクのファイバーにしてみましたが思いのほか見やすいですね。

ゲームでの使用感

3点(普通)

まだゲームで使用してないのでここは仮置きの星三つで。
使用する機会があれば更新します。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。