本日は終戦記念日。
タイトルの「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び」というのは玉音放送の一部。
8月15日の正午に昭和天皇の肉声がラジオで放送されました。

「我々は日本を守るため、国民を守るため、未来を守るため戦争を終結する。
これから受ける苦難は尋常ではないだろう。けれども私は時代の運命の導きにそって、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、これからもずっと続いていく未来のために、平和への扉を開きたい。」

という現代訳&超短縮で書いてみました。

これからの日本を考えた昭和天皇。
続く言葉にもそれが見て取れます。

「私はこうやって日本の国の形を守ることができたのだから忠誠心が高く善良な国民の真心を信頼し、常にあなたがた国民とともにある。

感情の激するがままに事件を起こしたり、もしくは仲間同士が争って世の中を乱したり、そのために道を誤って世界からの信頼を失うようなことは、最も戒めたいことである。

何とか国全体が一つとなり、子孫にまでその思いを伝え、神国日本の不滅を信じ、任務はとても重く、行く道は非常に遠いことを覚悟して、将来の建設に向けて総力を結集し、道義を守り志と規律を強く持って、 日本の力を最大に発揮することを誓い、世界の先進国に遅れをとらずに進むのだという決意を持とうではないか。私の民たちよ、ぜひともこの私の意思をよくよく理解してもらいたい。」

戦後の時代はこの言葉をなぞったように見事なまでの復興・発展を遂げました。

今後の日本はどうなっていくのでしょうか。

いつか、アメリカ軍が日本から撤退する日は来るのでしょうか?

耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び・・・・

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 10

斜陽のБеркут

斜陽のБеркут

いや、偶々同じ話題を似たような構成で書いていたのを思い出したw

海老飼 龍介

海老飼 龍介

ボクも似たような日記を、mixiやってた頃に書きましたねえ
より言葉を解するようになってから読んで感心したんでしょうね。

アパム

アパム

>斜陽のБеркутさん
>海老飼 龍介さん
皆さんと同じ道を辿ってしまったようでw


この記事を見て、また誰かが歩んでくれたらなと思います。

伍拾参式ヘタレ

伍拾参式ヘタレ

サバゲー自体が平和だからこそ成立しうるものだからねぇ。
実弾撃ち合ってるような地域じゃ絶対にできない、ある意味平和の象徴ですな。
これからもできるだけ長く平和であってほしいです。

国のために命をかけた先祖が祀られている神社に行くだけで大騒ぎする隣国をどうにかして欲しいものです。
人種も宗教も関係なく、自国のために尽くした先祖は大切にするのが人として当たり前だろうに。

アパム

アパム

>伍拾参式ヘタレさん
ですね。まあ国民性の違いとだけコメントしときます。

>ニョッキさん
うーん、先人の0.01%でも役に立っているのだろうか・・・

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。