ある日お風呂に入っている時にフと気付いた。

「あれ?こんな所にホクロなんてあったけ??」

右脛に直径2mm位の茶色い物体があったのだ。

その時には特に気にも留めず「どうせ新しいホクロが出来たんだろう」と放っておいた。

4〜5日後には4mmほどに成長していた。しかしホクロなんて大きくなるものだし・・・とまたもや放置。

1週間ほどして5mmを超えるほどになり流石にこれは気持ち悪いから千切ってしまえ、と摘まんで引きちぎってしまった。

すると指の間から6本のうごめく脚が!!驚き手を放してしまい、床に落としたが、明らかにマダニで、家の中にマダニがいては大変だと急いで追いかけ押しつぶした。

さて、とあるサバゲーの日、そのことを周りに話していたら、体は大丈夫?とやたら心配された。

なんとマダニは感染症を引き起こす媒体であるらしく、林業を仕事とする人の中にはマダニで亡くなったという知らせが年間1件は入るそうである。

とある現役自衛官のサバゲーマーも2日間の山中演習の際、オシリの限りなく中心部に近い所をマダニに噛まれたらしく、小隊長に報告した。

小隊長は「よし!ケツ出せ!!」といい、タバコの火を当てマダニを焼き殺した。

「あ”ぁぁぁぁぁ!!!」と真夜中の山中にコダマする自衛官の叫び声は中隊全体に響き渡ったという。

「○○小隊、状況報告せよ」
「状況報告、負傷者一名」
「負傷者?どうした?」
「マダニによる負傷、校門付近に火傷を負ったものであります」

山中演習が終わり、駐屯所で人にすれ違うたび、その自衛隊員は「ケツ大丈夫?」と言われたらしい。

無線連絡の際、全小隊に報告のやりとりが聞こえていたらしい。

しかし流石自衛隊である。マダニの対処に手馴れている。

無理に引きはがすと、吸血針が体内に残り、感染症のリスクが高まり非常に危険なのである。

火を当てるか、アルコールをかけるか、ダニが自分から離れるか死ぬかしてから剥がすのが正しい対処法だ。

草むらや雑木林等住宅の近くにマダニは普通にいる。サバゲーは森林や草むらの中を這いずり回るのでリスクは高い。

マダニに噛まれているのを発見したら焦らずに対処して頂きたい。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 12

七海ん@Flogman

七海ん@Flogman

ダガーさん  サバゲー上がりの温泉!!いいですね~いい環境そうで羨ましいです☆

七海ん@Flogman

七海ん@Flogman

kitamotoさん  えッ!?やっぱり病院行った方がいいですかね??かれこれ3週間になりますけれど、今のところ元気ですw

七海ん@Flogman

七海ん@Flogman

白髭混じりさん  高熱をだしたりもするみたいですね、私スズメバチに刺されたりマムシに噛まれたり結構ドジなんですよ・・・

kitamoto

kitamoto

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/524-lyme.html

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-04-23.html

いくつかの病気を見たのですが、3週間程度だと潜伏期は越しているようですね。多分大丈夫でしょうが。
素人のコメントを当てにせず、きちんとしたサイトを見て参考にしましょう。

しかしマダニは風呂程度では取れないみたいですね。恐ろしい。

七海ん@Flogman

七海ん@Flogman

kitamotoさん ご心配ありがとうございますm(_ _)m お風呂に入るときはミネラルウォーター抱えて1時間くらい入ってるので、それでも取れなかったですから相当しつこいですね!どうやって呼吸してるんだろう…

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。