original_file

IRON AIRSOFT reacts to the Action Airsoft's Sterling release, announcing their own version, a correct British Sterling L2A3 AEG to be released in the autumn of 2014!!!!!!!! Posted below is an IRONAIRSOFT's official announcement video showing their CAD-data model animating with sound added as usual. (all their products are announced this way). 
IRON AIRSOFT社がAction Airsoft製スターリング発売に反応、以前より発売を控えていた正統派の英軍スターリング、L2A3 AEGを秋に発売決定!!以下は数日前に公開されたばかり、おなじみのCADアニメによるIRON AIRSOFTの新製品予告ビデオです.

As i reported in my previous posts, Action Airsoft's Sterling AEGs are now released, on sale at MSRP of $480 USD. However, since the very first day i saw the leaked footage of their prototype, i've realized that Action Airsoft indeed copied the external of an old MGC cap-firing modelgun. MGC modelgun Sterling was in fact replicating a Canadian licensed copy named ''C1 SMG", NOT the original British L2A3.
in comparison to the original L2A3, Canadian C1 SMG utilized an extensive use of simplified pressed metal parts to lower the manufacturing cost. The shorter 30rd mags (34rd in L2A3), different front sight post with a sling swivel on side, simplified pressed metal forehand protectors, no bayonet lug on handguard, simplified bolt surface and the bolt handle, a simplified trigger, a flat faced muzzle cap without a bayonet recess, etc etc....
Even though Action Airsoft fitted L2A3 type muzzle caps on their ''copy of a copy'' Sterlings, Sterling fans and British militaria collectors are obviously left frustrated,unsatisfied at the product result, not to mention it's over-priced tag. i mean... $480? for a non-blowback AEG?And it's not even a correct L2A3? C'mon now!
以前のポストでも世界最速でスクープした通り、Action Airsoft製のスターリングAEGは希望小売価格$480ほどで発売されています。僕は、初めてリークされたプロトタイプの映像を目にした時から、チャンバー周り子ネジなどの特徴より、同社のスターリングの外装はMGCの金属モデルガンをコピーしたものだと認識していました。MGCのスターリングは英軍のL2A3ではなくカナダ軍ライセンスコピーの''C1 SMG"であり、Action Airsoft製もその特徴を引き継いでいるものだということも述べてきました。本家のL2A3に比べカナダのC1 SMGは、プレス部品の増加徹底と簡略化で製造コストを抑えてあることがその特徴で、短い30連マグ(L2A3では34連)、横にスリングスウィヴェルを装備したフロントサイトポスト、角張ったプレス製溶接の前後フォアハンドプロテクターリブ、バヨネットラグの突起無しのハンドガード、単純化されたボルトの表面デザインとただの棒になったボルトハンドル、単純な形になったトリガー、バヨネットリセスの突起無しのマズルキャップなど、外見的な違いがあります。Action製ではマズルキャップのみ英軍L2A3タイプを付けたようですがそのほかは結局''コピーのコピーのコピー''であり、こだわりの強い傾向にある世界中の英軍ファン達からは『何故カナダ!?短けえよマガジン!付かねえよ銃剣!』というフラストレーションと不満足の声がすでにあがっております。英軍ファン以外の方々にとってもまずその$480というオーバープライスぶりはブローバックすらしないスタンダード電動ガンにはあまりに「狙い過ぎ」な商法を臭わせております。

But LISTEN UP Sterling fans worldwide!
as i also mentioned this in my previous post, IRON AIRSOFT had their prototype L2A3 AEG made back in 2011. They once even ''suggested'' the near-release but for some reason (most likely their uncertainty in public demands for Sterlings)they backed it out right before their production was to begin. Now that Action Airsoft released their ''half-assed'' sterlings, IRON AIRSOFT reacted quickly, and finally decided to release their version. a correct British L2A3!!!
Below are the photos of their fully completed sample shown back in the 2011, at their release attempt i mentioned.
しかし!聞きたまえ世界中の英軍ファン達!!
このことも前回のスクープ内でつぶやいておりましたが、IRON AIRSOFTは2011年頃に L2A3電動ガンのプロトタイプを完全に仕上げており、その後ニーズへの不安からか発売が控えられてきましたが、この度のAction Airsoft製の『ビミョー』スターリング発売に触発されたようで、ついに彼らの、本家本元ブリティッシュ スターリングL2A3が発売決定となりました!!発売時期は今年秋とのことです!!
以下は2011年に公開された完成サンプルの写真となります。

Definitely the correct British L2A3....:) It's worth mentioning that IRON AIRSOFT version is semi/full auto selective fire just like the real steel, and with a much much thinner grip than Action's. Fuck Yes!! 正真正銘の本家、英軍L2A3ですよ....:) IRON AIRSOFT版は実銃通りのセミ/フル(Actionはフルのみ、セフティーすら死んでるとか)そしてなによりActionに比べ断然細いグリップを述べておくべきでしょう。

Says ''the accurate-sizing, stamped-steel made sterling AEG with our brand new EBB mecha-box inside, featuring the realistic field stripping, Out on October'', remember, this unofficial ad was from their release attempt back in 2011. so it doesn't gurantee all the features written here to be on the actual product coming out this autumn, but still, those three alphabets.... ''EBB'' surely sounds smexxxy<3 電動ブローバックは2011年に発売しようとした際に歌われていましたが、今秋に実際出てくる商品にはどうでしょうか、なにせステンよりスペースの小さい銃なんで、仮に電ブロメカ不具合/信頼性不足が今まで未発売だった理由であると仮定するならばスタンダードになって出てくるかもしれませんね。今回のCADモデルのビデオでも発射中にボルトハンドル動いてるようには見えないんで。でもガスブロは開発不可能な機種ですから、出すなら動いてほしいところですね。

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

shinichiseki

shinichiseki

--なぜ、カナダモデルなのか?--
みたいな副題をいただけそうでしたが、
ようやく、IRONさんが満を持して発売と...。

(これは販売協定とかなんかあったのでは?)

と思ってしまいました(笑)

>『何故カナダ!?短けえよマガジン!付かねえよ銃剣!』
なんと聞き心地のよいリズム...。
じゃなくて、SMGに銃剣とは...時代を感じますね。

ん?金がないにも関わらず、
UZIと一緒に買いたくなって参りましたぞ...

HIRO THA JAP

HIRO THA JAP

Action製発売の時の僕のblogリポートをいち早く読んでくれた可能性が高いです。すでに名指しで懇願してましたし。まあ既に製品は完成してあって、大量生産だけタイミング待ってただけってことも知ってましたから。今がそれなワケで。ハンパなモンをまんま儲け主義でただ出すとこのように、より確かな技術とこだわりを持つメーカーに駆逐されることになるんですな。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。