original_file

RealSword at IWA2014 have announced their release of AR type GBB series with an estimated release date being late-May to early-June!! i'm uncertain about the first hitter, but among those prototypes displayed at the show, what caught my attention the most was their ''Colt 9mm SMG''. 『リアル』なAKの電動ガンで知られるRealSword社はIWA2014において、AR系のガスブロシリーズを展開することを発表し、展示されたどのモデルが一番先かは解らないが、来る五月末から六月頭には販売開始するとのことだ!展示されたサンプルやプロトタイプの中で最も目を引くのは、『コルト9mm SMG GBB』だ。

RealSword ''Colt 9mm SMG'' GBB prototype
RealSword社製 ''Colt 9mm SMG'' ガスブロ プロトタイプ
As you see in the photo above, the RealSword's GBB prototype seems to have the ''bolt forward assist'' that is NOT present in the Colt's original ''model 635'' (Colt 9mm SMG). *photos below for comparison.
Also the GBB version seems to lack the pin holes around the magwell which on a real firearm, drilled through to fix the 9mm mag adopter inside with 3 push pins.
The barrel length also seems bit longer on the replica, and its handguard is ''M4 type'' double shielded set instead of the single shielded ''XM type'' slim set on the real gun. The magazine on the replica seems to be sourced from an UZI design, but the Colt 9mm SMG magazines were almost identical to UZI's in dimensions yet definitely dedicated magazines for their 9mm SMGs due to the mag catch hole added. UZI mags were NOT compatible without the user's modification. **photos also shown below for reference
写真のRealSword社製のプロトタイプにはボルトフォワードアシストがついているようだが、これは実銃コルト製model 635(Colt 9mm SMG)には付いていない。*以下実銃写真を参考
内部アダプターを固定するためマグウェルを貫通する3本のプッシュピン穴も再現されておらず、バレル長も実銃にくらべ少し長い。
ハンドガードも実銃は『XMタイプ』のスリムハンドガードなのに対し、レプリカのほうは『M4タイプ』二重のヒートシールドで太いものが流用されているようだ。
マガジンはUZIのデザインが流用されているようだが、実際のColt製 9mm SMGのマガジンは、UZIのコピーではあるもののキャッチ穴の位置など違ってそれぞれに穴あけ加工無しでは共用は出来ない。**コルト製マガジンの写真も追記しておいた

No forward assist on the upper. Notice 3 push-pin holes around the magwell. 実銃にはフォワードアシストは無い。マグウェルにあけられたプッシュピン用の3穴に注目。

Colt 9mm SMG magazines. Same dimensions as UZIs but NOT compatible/interchangeable with UZIs, vice versa. コルト製9mm SMG用マガジン。UZIとおなじ寸法、構造であるがUZIのものと共用は不可、その逆もしかり。

This will most likely become the first GBB Colt 9mm SMG on the market. I certainly hope RealSword to somehow read my blog and correct above mentioned details on their released products.
Another prototype which caught my eyes was M16A2.
The ''semi-retro'' has long been neglected by airsofters for absolutely no reason. i'm personally a big fan of those OG A2 uppers with fixed carrying handles. Definitely the very last ''infantry man'' style, not a ''ninja wannabe'' like the A4 on the bottom. Oh yea, A1, as seen on top is coming out as well. この銃は市場初のコルト9mm SMGガスブロとなるわけで、RealSword社の方にはどうにかこのブログを読んでもらって、製品版には上記した間違いが正されていることを願う。
最後に、、、発表されたラインナップの中で次ぎに僕の目をひいたモノがM16A2であった。『セミレトロ』な世代のARは、エアソフター界ではなぜか理由無く無視ばかりされてきた存在で、僕は個人的にこの固定キャリングハンドルのOGなA2アッパーの大ファンである。明らかに『汗臭い歩兵』を体現していた最後のスタイルであり、『忍者への憧れ』スタイルのA4(写真底部)とは味が違う。あ、あと写真上部のA1もでます。

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

shinichiseki

shinichiseki

なぜ9mm!?なんて思ってた時期が私にもありました。

WEのM16A3GBBなら持ってるんですが、
イマイチA2との差がわかりません。
A2のフルオート可能版=A3、なんですかね?

HIRO THA JAP

HIRO THA JAP

MP5が高くて予算に合わない地方都市のSWATとかで昔は結構採用されてた銃です。class-3が撃てる田舎のレンジとか行くとよくレンタルガンで置いてあります。
M16A3というのはA2のロウワーだけがA1のもの(セミフル)になっている海軍SEAL特注ものであまり現存しません。
キャリングハンドルが脱着できるフラットトップになったのはA4です。WEのM16A3というのはフラットトップですのでA4の誤表記です。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。