IMG_1488.jpg

また増やした、ガンカメラです。
M4系用には自作PEQ型ガンカメラがあるんですが、それ以外の機種だと見栄えとか取付位置の問題があるので追加。

最近、サバゲーフィールドでスコープの上に取り付けている人を見かける「Run Cam」と呼ばれるカメラの派生型です。
確か、元々ドローンの空撮用に使うカメラをレンズ交換してシューター向けに個人改造してたような記事を見かけました。

このガンカメラも外装がアルミのハイエンドモデルと私が購入した外装が樹脂のスポーツラインモデルといった派生型があります。

某オクにて送料込み¥12800

※海外製の為個体差があります。

IMG_1487.jpg

こちらが付属品。
充電ケーブルも付属。(端子はmicro-usb タイプBです)

日本語の説明書はありませんが、この系統のカメラは操作がシンプルなので読まなくても多分大丈夫。
基本、ボタン長押しで電源ON、そのあとボタンをワンタップで録画ON/OFFです。

IMG_1489.jpg

レンズは焦点距離25mm仕様。
これもショップによっては40mm仕様だったりするので使用目的を考えて購入しましょう。
インドアで焦点距離40mmレンズを使うと超ズームされます。

一応、レンズガード付きなのでBB弾が被弾しても大丈夫らしいです。

IMG_1490.jpg

樹脂製なので重量は電池込みで95g。
スイッチはWifiスイッチと電源/録画兼用スイッチの2つだけのシンプル構成。
スイッチ部分は若干奥まっているので意図的に押そうとしない限りは誤作動しないと思います。

両サイドは20mmマウントベースっぽい形状していますが、ただの凹凸なのでアクセサリーの追加は不可能です。

IMG_1491.jpg

本体後部。
充電端子やバッテリーカバーがあります。
撮影時間は画質や環境に左右されますが、約100分程

IMG_1492.jpg

本体下部。
そのまま20mmマウントベースへ取付できます。
固定はネジで締めこむタイプ。

IMG_1493.jpg

バッテリーカバーを開けると容量850mAバッテリーとmicroSD用スロットが出てきます。

本体電源をONにすると電源ボタンの周りが赤く点灯し、サイド部分の電池残量LEDが3色点灯します。
録画を開始すると電源ボタンの赤色LEDが点滅して録画中だと分かるようになってます。
電池残量LEDはMAXで3つ、66~33%で2つ、33%以下で1つ、10%以下だと点滅するので便利です。

IMG_1498.jpg

大きさはシュアファイのX300ライトより若干大きいくらい。
なので銃に取り付けてもフラッシュライトを取り付けているように見えるので雰囲気を崩しづらいです。

IMG_1496.jpg

取り付けてみた。
とりあえず、トップレイルに付けてドットサイトの視野をどれくらい邪魔するのかを検証。
こちらのM4はKACの4面レイルとホロサンのHS510Cを搭載しています。
ピントがあっていないのでわかりにくいかもしれませんが、ドットサイトレンズ面の下部に映り込んでますね。
これくらいならPEQ-15等のレーザーデバイスでもよくある程度なので普通のサバゲーなら特に問題なく使えると思います。

ll7.jpg

1080p60fpsで撮影してみました。
大体、30m先の窓です。
若干暗めに映って、あんまり画質も良いようには見えないんですがガンカメラとしてなら十分かと。
あんまり高解像度だと私の動画編集ソフトがメモリ不足で止まっちゃうので。(笑)

ちなみにRun Cam専用アプリを入れてWifiでスマホと接続することで右画像のようにスマホへ映像を写したりリモート録画や各種設定の変更が出来ます。
ドライブレコーダーモードもあるんですよ、これ。

※カメラとWifiが繋がらないという方は手持ちのスマートフォンを機内モード設定にしてからWifiをONにしましょう。
 後はカメラのSSIDを探して説明書に記載のパスコードを入力すれば繋がるかと。
アプリはカメラ接続後に再起動したら使えました。

□感想□

市販品のガンカメラでは今のところNo.1ですね。
「値段高っ!」と思われる方がいらっしゃるとは思いますが、私は過去にブロギーもどき3諭吉の狩猟用カメラとか色々使ったことがあるので経験豊富です。
その経験からすると、「軽量で操作も簡単、見栄えも悪くなくスマホと連動出来るし20mmレイルにダイレクトに取り付け出来るベストバランス」なカメラだと思います。

少々お高めですがこれ一つ買っておけばガンカメラには当分困らないと思いますよ。

ちなみにですが、少し前までは冒頭で少しだけ書いた「外装がアルミの焦点距離40mmレンズのハイエンドモデル」しかなかったので価格が2諭吉超えてたんですよ。
それに比べたらこっちはリーズナブル…に思うかは個人差がありますのでご注意を。

~追記~

このガンカメラ、スマホと接続することで映像をリアルタイム(若干誤差はありますが)で出力することが出来ます。
なので相方に弾道確認のスポッターをやってもらったり、味方に敵チームがいる場所を狙って、スマホで見てもらえば情報共有もはかどるかもしれませんね。
…スマホの被弾や紛失が怖いし、何より手間がかかりすぎるのでやらないとは思いますが。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 6

新兵@

新兵@

>>バイパーさん

コメントありがとうございます。

まだ実戦投入を行っていませんが、今のところ使い勝手は買ってきたガンカメラの中では1.2位を争いますね。
もうちょっと早く知ってれば色々と無駄な買い物をしなかったのに。残念です…。

もしガンカメラの導入をお考えでしたら候補の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。

todosan

todosan

こんばんわw


いつもためになるレビューありがとうございます~
今回の商品は中々いいもののようですね。

値段もお手頃なので買う選択肢には十分はいりますね~

でわでわw


追伸
実戦レビューまってますw

新兵@

新兵@

>>todosanさん

コメントありがとうございます。

こちらの商品も海外製なので値段の変動や廃版になったりするので購入時期に注意が必要ですね。
前に買った狩猟用カメラは最近見かけないので。

実戦レビューはいつになる事やら…。
新型感染症や天候の影響でサバゲーに行けないまま夏になってしまったので。
例年だとサバゲーは夏休み期間なんですが、今年はどうしたものやら。

さとうつよし

さとうつよし

おはようございます。今使ってる中華ガンカメラ壊れたのでちょっと記事を参考にさせて頂きたく、読みました!
詳しく、書いてありよい記事です!!(*^^*)

新兵@

新兵@

>>さとうつよしさん

コメントありがとうございます。

倍率付きなので遠くのターゲットも録画できるので良いですよ。

派生モデルもあり、値段や性能もピンキリなので吟味されて購入されることをお勧めします。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。