レビューした装備

総合評価

5点(とても良い)

わるさーPPK.png

007なんかでボンドが使ってた銃として有名なこの銃。模型店の片隅に置かれていたこの銃を見たとき、そのシルエットの美しさと安さ(ここ重要)に惹かれ、つい買ってしまいました。折角なのでレビューします。

見た目や質感について

4点(良い)

プラスチッキーな感はあります。しかし、各部の処理や、特に刻印のリアルさはワルサー社と正式契約したマルゼンならではの素晴らしい出来。まあ実物を見た事はありませんが・・・その小ささと、曲面の多いデザインも相まってか、銃らしからぬ高級感を感じます。

価格(コストパフォーマンス)について

5点(とても良い)

私は本体に加え、サプレッサー&可変ホップバレルのセットとマガジン二本を一緒に購入しましたが、それでもマルイの高めのガスハンドガン一丁分程度の金額しかかかりませんでした。
安いから性能は悪いのかといえば、そんな事は全くありません。後述しますが、非常に高い性能を持っています。

初速、集弾性について

3点(普通)

有効射程は20~30M程度です。インドアで使うのであれば十分すぎる飛距離と集弾性を持ちます。自分の個体は、10Mで5cm四方の的に収めることが出来ました。固定HOPのままでも可変HOPに変更後でも、0.2g弾を使う場合は然程かわりはありませんでした。

作動性について

5点(とても良い)

マガジンは薄くて小さく、リコイルスプリングも然程強くはないのですが、そこからは想像も出来ないくらいのブローバックスピードがあります。バッ、バッ、と、トリガーを引くたびにキレのある心地よい反動が味わえます。室温は10℃程度でしたが、1マガジン分(22発)はしっかり撃つことが出来ました。

初期調整について

3点(普通)

箱出しの状態では、スライドの動きが若干鈍いです。レール等の動く部分を1200番の耐水ペーパーで磨き、アウターバレルやスライドの内側の表面も軽く磨いて滑らかにします。あとはシリコンオイルをさし直すだけ。

カスタムについて

5点(とても良い)

前述のとおり、元々は固定HOPで黒の樹脂製アウターバレルですが、別売りで可変HOP化メタルアウターバレルとサプレッサーのセットがあります。木製グリップなんかも出ているようです。

総評

5点(とても良い)

安価で高性能、見た目もよし。コンパクトで取り回しもよく、マガジンは22発の大容量。そんなマガジンも破格の二千円台前半。
まさに至れり尽くせりと言えます。オススメです。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 1

これ以上ありません。

ゾンビ伊助様

ゾンビ伊助様

「とりあえずマルイ」と名言が在るけど、
自分でちょっとしたメンテナンスが出来るならば、
他にもナイスな銃が在る良い例。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。