サバゲー参加日

戦績

  • ヒット 13 回
  • キル 14 回
  • フラッグゲット 0 回

一緒に参加した人たち 0

一緒に参加した人はいません。


Поздравления с новым годом!
知っている人は知っている、初見の人は初めましてなアカの尖兵、Беркутと申します。
此処では散発的に姿を見せつつも日記を捲れば昨年分がすっぽ抜けてやがる、少しは自身の……に留まらず我が隊の活動の足跡を文として認めなければと筆を執った次第 グラスノスチ重点な←
新顔もいることですし近々写真メインの総集編くらいは載せるかもです。
…気が向けば(小声)

さて、今回は去る昨年末に埼玉所在の小規模市街系フィールド「オアシス」にて参加した撃ち納め作戦の模様をお伝えしましょうかね。木の一本も生えてないのにアウトドア(森林)ってなんだよ(困惑)

DSC_0393_1_1_.jpg

参戦日は先月23日、BBQ&クリスマスイベントと銘打っていたものの予報上の悪天候により(実際には降雨と無縁だった)昼飯時のBBQは中止され、一方で帰り際の景品を懸けたじゃんけん大会では貪欲なサバゲー人民らが遅くに降り始めた雨をものともせず、配給待ちの群集の如く露天に身を呈しておりました。
だがしかし、訓練された共産趣味戦戯民は降誕節だろうと天長節だろうとソ連閉店の前々日だr【検閲削除】暴虐の雲に怯みもせず、銃火荒れ狂う戦地に革命を礎を築くものです。
豪雨結構、積雪上等、寧ろクソ安いソ連製雪上擬装服で転げ回る機会が欲しい… 欲しくない…?

そんな悪天に歩武を阻まれぬ革命戦士達ですが、この日は電車組の合流に際して少々に留まらぬハプニングが
ブジョノフカ(隊員名)「遅延発生で15分ほど遅れます」
自分「しょうがないにゃあ… 待つよ」
БДНВК「バス乗り場何処ですか(形状不一致なロータリーの画像を送られる)」
自「……お前本当に埼玉県川越市所在の川越駅に着いているんだよな?」
БДНВК「川崎駅でした(震え声)」

前日にフィールドHPにまでアクセスしておいて如何にして川越と川崎を誤認し得るんだコノヤロウ (^ω^#)
あれだな? マッポーの世の行政区分なんだな? ネオサイタマいい加減にしろよ…

新たな隊内伝説が生まれましたww

斯くして、この日の午前は二輪直行の別隊員:コールサインОвца(アフツァー)

IMGP2837_1_.jpg

と共に未踏フィールドを拓くことに

普段はアウトドアフィールドでも自然感を残した所を好む我々とはいえ、此処は此処で攻略のし甲斐がありそうで面白かったです。
広いフィールドでないながらも塹壕を挟んだ東西が単調なバリケード群と遮られた建物とに分かれ、それぞれのルートで進攻ペースも異なるので必然的に戦術目標を絞った上での行動となりました。

反省点としては寡兵ながらも隊員との連携をより徹底すれば損害を減らせたであろう場面が幾度かあったところでしょうかね…
殲滅戦などでは敵チームが建物裏のフラッグから出発した際に結構な割合で中に隠れようとする(≒左右に窓も無いので外の戦況を把握し難く、一部は遊兵化する)ため、逆サイドから発った我々などはバリケード群から攻めて包囲する展開を好んだのですが、いざ敵陣に迫り背後から建物内の敵を一掃しようと攻め入ってみれば視認し撃った限りで3人、更にリアカン装弾を撃ち尽して制圧済みでない向こう側の外壁に隠れようとすると伏兵が1人……流石に捌き切れませんでしたorz

こういった状況は普段の野戦でも敵が篭る拠点に出くわした際に起こり得ることですし、戦果自体は上々でも、リスクが避けられないとしても、それを減らす努力を怠ってはならないと再認識した次第
想えばこの限られた弾数で斬り込み、至近距離で多勢と撃ち合った後に英雄死という展開は色々と心当たりががが 皆に同じだけの度胸を植え付け、且つシチュエーションに酔わせはしないよう心掛ける必要がありそうです。命を大事に!

_BB0460E69268AD7EDDB834149AA95B4FB4759DF894B1EEA771_pimgpsh_fullsize_distr.jpg

して、午後は諸事情で帰宅を急いだアフツァーに代わり遥々カワサキシティより舞い戻ったかのブジョノフカと共闘 集合写真内のKLMK奴です。マスクを合わせると見事に密林の悪魔と化して帝国主義雇用兵共を翻弄しそうですね★

この頃になるとメディック戦やスパイ戦といった特殊ゲームも増え、何かと年末の思い出になりそうなネタも生まれて楽しかったです。

\Я ранен! Помаги!!/

DSC_0411_1_1__-_コピー.jpg

DSC_0416_1_1_.jpg

共産趣味者の癖して無様にキリシタンの従軍サンタに救助を請う屑

そして真っ当に援護に当たっているブジョノフカ君ですが、彼は二度のスパイ戦に際して意表を尽く連続指名を受け、西側陣営の走狗としてチームメイトを苦しめた模様
活動開始の指示が飛び、周囲の味方を注視するようハンドシグナルを送った直後にガスブロ74Uが唸り、瞬く間に5, 6人を屠るんですから恐怖ですよ、ええ…
流石に二度目は無いだろうと安心し切って前線に向かい、敵チームに潜った味方スパイを回収して味方に引き渡すよう指示したらまたしても彼が敵スパイ…… この次点で後方の小屋の中にはマグロめいた味方の死体が並び、あのままブジョノフカがヒットされず退避していれば味方スパイは惨殺されていたであろうことは想像に難くない…

やっぱり元白軍派は信用ならねえな!(偏見)
(※元現露装備)

CIMG2727_-_コピー.JPG

50YIsBK0x_v4B0r1452453459_1452453474..png

当日の参戦隊員の面々
1枚目左よりσ(゚д゚Я)、ブジョノフカ、アフツァー

KGB白樺迷彩、KLMK、アフガンカとこの日の隊員の揃いの悪さをいいことに統一性皆無だぜ! されどもこれはこれでキャラ立ちしていて嫌いじゃない。
KM-Lなら持ち合わせておりますが寒そうなので着ませんでした… 脇の同志が何だって? 皮下脂肪で保温出来るじゃろう()

それにしても二人とも昨年中の新入隊員、尚且つ片や18歳未満の若年者で行動圏に制約を抱え、片や茨城在住の名目上は遠隔地扱いの非実動隊員ながら暇を持て余……もとい古参顔負けの高い稼働率を示し、意欲的に活動に参加してくれましたね。

今年も彼等並びに全ての同志隊員による共産趣味革命波及のための変わらぬ献身と文武両面での更なる成長を期し、面倒見赤化主義の名の下に精力的に指導・助力に励んでいきたいと思います。

そして、ここまで読んで下さった酔狂なる戦戯民の皆さん、連帯☭敵対=✪=大いに結構、己が拘りを研き続け、新年度も充実したサバゲーライフを送っていきましょう。

Конец связи.

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

ちくわ

ちくわ

「川越だよな?」「川崎でした」都道府県すら違うではないか!!爆笑しました

斜陽のБеркут

斜陽のБеркут

>ちくわ=サン
青海と青梅を間違えるレベル…
この先月に千葉県の印旛日本医大駅集合を命じた際には古参の一人が二駅手前の千葉ニュータウン中央で降り、「文字一つ被らない駅で何故間違える」とか言っていたら逆パターンが起こってしまったという……口は災いの元ですな。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。