サバゲーでは必須の電動ガン、初心者の方はレンタル品や東京マルイ製の電動ガンを使うことが多いかと思います。
ゲームに参加してある程度慣れてくると、色々な電動ガンを集めてみたくなるものです。
海外製の電動ガンには、日本のメーカーでは発売されていないユニークな電動ガンも多々あります。
しかし、日本製と比べると性能が劣っていたり、銃刀法の規制に合わせるためにデチューンされていたりなど、そのままでは使えないことが少なくありません・・・。
ショップでカスタムしてもらうのも良いですが、ここは自分でカスタムに挑戦してみましょう!
電動ガンを自分でカスタム、修理(以下、セルフカスタムと言います)できるようになると様々なメリットがあります。
私がセルフカスタムを始めて感じたメリットをいくつか挙げてみます。

1:時間や費用を大幅に削減できる
ショップにカスタムを依頼すると、パーツ代以外に工賃や送料などがかかってしまいます。特に工賃というのがなかなかの曲者で、ショップによっては「なんでこんなに高いんだ!?」と驚愕するような値段を請求されるかもしれません。
また、ショップに送ってから修理が完了して手元に戻ってくるまでにかなりの時間がかかります。私の経験上、カスタムや修理を依頼して戻ってくるまでに平均2,3週間、場合によっては1ヵ月以上かかってしまいます。
セルフカスタムならば基本的に費用はパーツ代のみで済みますし、時間も半日あれば十分です。
それだけゲームへの投入、復帰も早くなります。

2:自分で納得できるまで、何度でも調整できる
カスタムをショップに依頼すると、「なんか思っていたのと違うな・・・」と思う出来になってしまうことがあります。
もちろん、ショップ側も「こういうカスタムにしてほしい」という要望は事前に聞いているのでその要望に限りなく100%に近い答えを出せるように全力を尽くしてはいるのですが。
セルフカスタムではカスタムするのは他でもない自分自身なので、納得がいくまで何度でも調整ができます。

3:自分でカスタムする分、電動ガンにより愛着が持てる
これは2に通じる部分がありますが、セルフカスタムした電動ガンには自然と愛着が持てます。
オリジナルカスタムの電動ガンでゲームに参加すると、よりゲームが楽しくなることでしょう。また、自分の戦法に合わせて自由自在なカスタムを楽しめるのもセルフカスタムの醍醐味です。
「サイクルを重視するか?命中精度や飛距離を重視するか?」など、可能性が飛躍的に広がります。

いかがでしょうか?
この記事を読んで「自分もセルフカスタムに挑戦してみようかな?」という方が増えれば幸いです。
最初は本体やメカボックスを分解、組み立てするのも手こずるでしょうが、慣れれば簡単です。インターネットでも公開されているので、参考にしてみましょう。
当然ですが、故障してもあくまで自己責任です!また「カスタムした結果、初速が規制値を超えていた」なんてことが無いように十分注意して下さい!
弾速計の購入を強く推奨します。私も現在は簡易の弾速計しか持っていませんが、今後流速カスタム等に挑戦することを考慮して正確な数値が分かる弾速計を購入します。
「自分だけのカスタムガン」で、よりディープなサバゲーライフを送りましょう!

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 9

ゲッター1

ゲッター1

コメントの中に…
保証がないと書いてありますが…
ショップによってでは?と思われますが…
保証するショップはあると思いますが?
後、基本的に海外製の電動ガンをカスタムする事は…
もろ刃の剣に成るのでは?
「分解の技術がないならば…海外製に手を出すな!」と…格言がありますので(汗)
なまじの知識で…ちょっとしたパーツ交換で初速が法廷内に収まるのは…ちょっと難しいですよ。

カズ

カズ

とらのすけ様
セルフカスタムはあくまでも知識や技術があることが前提ですので、本当に初心者の方はショップに依頼したほうが結果的に安く早く済むことがありますね。
メカボックスの分解、組み立ての動画を上げている方などもいらっしゃいますが、恐らくその方達も初めは右も左も分からない状態だったと思えば、ある意味「誰もが通る道」と言えるでしょう。

カズ

カズ

ゲッター1様
保証が無いというのは、メーカーの話です。
販売店で保証がつくところは確かにあります。
要は「公式なアフターサービスが無い」ということですね。説明不足で申し訳ありませんでした(>_<)
如何せん海外仕様の電動ガンは日本と比べて規制が緩いので、常に初速に配慮してカスタムしないといけませんね…
一応最もローリスクハイリターンなのが、「ギアとピストン、シリンダー等をマルイ純正品に置き換える」です。
「中身だけはマルイ仕様」といったところでしょうか。
おそらく、ショップで海外製電動ガンをライトチューンするときもこの手法が使われているはずです。
私も、カスタムと言っても基本的にすることは85%程度はこれです。

ティガー丸

ティガー丸

はじめまして。
私もサバゲーを初めてから、コツコツとオークションで中古銃を買いあさり、
勉強を兼ねてカスタムしてきました。
自分が望むスタイルがわかってくると、もうサバゲーよりも楽しくなってきますよねw
フィールドに行く目的の半分以上がカスタム後の結果を確認する事になってきてます。
先日初めてショップカスタムをしてみました。
目的は自分のカスタムとどう違うのかを確認する為。
その結果ですが、あぁこれなら自分で出来たなでしたw
思うのですが、私はサバゲーとカスタムは別物と思っています。
サバゲーがメインならカスタムはショップに頼んでプレイに集中しても良い。
カスタム(機械いじり)がメインなら、人を撃つ必要もない。
レンジこそ至高の場所ですw

カズ

カズ

ティガー丸様
ライトチューン程度だと、ショップに依頼するのも自分でやるのも大差無いんですよね。
そうなると自分でカスタムした方が余程コストはかからないわけで…
それと重ねて書きますが、カスタムするときは絶対に弾速計は必須です。最近X3200を購入したのですが、某U社のスプリング(かなり硬い)をCYMA製のAKに組んで初速を測ったところ、0.2gで平均102m/sというぶっちぎりのレッドゾーンでした…
現在はマルイ製のスプリングに交換したので、規制値はクリアしております。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。