14スパイ.jpg

「スパイ戦」の進め方を解説しています。

第1段階

section0_image

殲滅戦、フラッグ戦の応用パターンです
最初に、スパイ本人しかわからないようにスパイを決定します。

第2段階

section1_image

普通に殲滅戦、フラッグ戦を行いますが、スパイは「いつ裏切ってもOK」です。
後ろで守っていると「あいつはスパイなんじゃないのか?」と味方に怪しまれてしまいます。
全員が前に出るようになるのがこのゲームの効果だと言えるでしょう。

第3段階

section2_image

無防備な味方をみつけて、スパイが裏切りました。
しかし、その行為を見られてしまっては元も子もありません。

第4段階

section3_image

先程裏切った赤のスパイは、ばれてしまった為に、後ろから撃たれてしまいました。
また、スパイだとばれないように前線に出ていた黄色チームのスパイは、本来仲間の筈の相手チームに倒されてしまったようです。

勝敗は、基本的に殲滅戦と同じルール、もしくは「スパイはフラッグをゲットできない」と決めてフラッグ戦で行うのがいいでしょう。

相手チームにスパイをわからせるかどうかでゲームの動きが変わります。
判らせる場合は、相手に、誰を裏切らせるかを決定させると盛り上がります。