05.JPG

埼玉のオアシスさん、初フィールド参加してきました♪
フィールドの詳細はサバゲレポートをご覧ください♪

で、今日は大好きな愛機G3SASをメインに、時々L96を抱えて走り回ってました。
今日はフィールドとの相性が良かったのか、それともチームワークが良かったのか、私の入っていた赤チームがわりと優勢だった気がします。
ゲームはフラッグ戦がメインでした。
で、ここでタイトルの「ゾンビ、かもしれない」に話が変わります。

サバゲで言う「ゾンビ」
皆さん、たぶんこの言葉は嫌いだと思いますし、日記等でも「ゾンビがいてめっちゃ気分悪かった!」みたいなのを見たら、嫌な気分になってしまう方もいらっしゃるでしょう。
私は、以前はやはりそういう人に出会うと嫌な思いをしたし、そのフィールドも嫌になってしまったこともあります。
でも今は、腕を磨いて「これでも痛いと言わないつもり?!」ってくらい近距離でちゃんと仕留められるようになろう!とポジティブに(?)考えています(笑)

が、今回はゾンビに遭遇した話ではなく、なんと「私自身がゾンビになってしまったかもしれない!?」というお話。

といっても意図的にしたわけではありませんし、私自身、いまだにゾンビ行為ではなかったと思っているのです。

まぁ、ちょいと長くなるのですが事情を説明させてくださいませ。

私は赤チーム、フラッグ近くのバリケードで地面に這いつくばっていました。
そこへ、黄チームの方が赤チームに追われて走って来られました。
バリケードに逃げ込もうとしたところ、私がいた。
お互い、発砲しました。
で、相手の方は後ろから追ってきていた赤チームの銃弾か、もしくは私の後ろに立っていた赤チームの銃弾か、はたまた私の撃った弾かはわかりませんがヒットされました。
で、その方がヒットされたあと、しばらくそこにたたずんで不思議そうに私をみていました。
それが何でなのかわからなくて、私はきょとんとしていたのですが…
少し考えて相手の方が「この人にも当てたはずなのに、こいつゾンビ?!」と思ったのではないか、と思ったのです。
確かに出会いがしら的な感じでした。
もしお互いの目線が同じ高さなら、相撃ちもあったでしょう。
でも、彼は立っていて、私はしゃがんで(というか這いつくばって)いたわけです。
私は、本当にヒットされた感覚はなかったので、ヒットコールをしませんでした。
それが彼には、不思議だったのだろうと思い当たりました。

よくよく考えてみたけれど、やはり当たっていない気がしました。
それでも、そこに不思議そうな顔でいた彼のことを考えると、ヒットと言って退場したほうがよいのか、とも思いました。
しばらく悩んでいるうちに、確実にヒットされて退場することになったわけですが…
みなさんが嫌悪するゾンビに、私はなっていたのかもしれない!
そう思うと、家に帰っても落ち着かなくて…。

弾は当たっていない、はず。
痛くなかったし、感覚もなかった。
彼は立っていたので、外していた可能性も高いのでは?
でも近距離だったし、彼の中では「当たったはず」なんだろう。
だとしたら、やはりゾンビという扱いになってしまうのか…
あんなにも嫌っていたゾンビに自分がなってしまっていたのかもしれないと思うと、どうにも落ち着かない気分です。
ヒットっていえばよかったのかなぁ。
でも、でも!!
私のヒットコールは某フィールドでスタッフさんからいつも「ナイスコール!」と言われるほどすがすがしいものなので、本当にヒットしていたら即座に言っていたと思う。
だから本当に私は当たっていないか、もしくは悪意なく気づいていなかっただけなの!

と、いくらいっても。
きっと相手の方には不快感を与えてしまったのだろうな。
そう思うとどうにもモニョモニョな気分になってしまうのでした。
明日は千葉だし、気持ち切り替えていこうっ!!

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 20

ぶらっく

ぶらっく

定例会では特に

・お互い咄嗟に撃った
・相手がヒットコールした
・自分も十分当たってる可能性があった

場合は、当たってないと思っていても自分も一緒に退場してセーフティで「びっくりしましたね!痛くなかったですか?」など話し掛けられそうな雰囲気の人には声を掛けています。

今回はオアシスさんですが、インドアでは特に至近距離も多い為「あれ?当たってないの?」と思う人も多く問題になりやすいです。

当たってなければ続行!で全然問題ないと思いますが、色々な考えの方がいるのでゾンビと思わせてしまうくらいならヒットで次のゲームを楽しめばいいや^^って感じです。

咲良レイ

咲良レイ

ハンナ・オーカーさま。

ありがとうございます。
固有名詞ではないにせよ「シチュエーションヒット」って、まさにこういう状況に適している言葉だと思います。
私も今後は「固有名詞ではないかもしれないけど…」と前置きをして、周りに広めていきたいと思います。
きっと私のような初心者は、こういう状況になったとき、きっと悩んでしまうと思うのです。
でも事前にシミュレーションしておけば、次に同じことがあったときには迷わず「ヒットです」と笑顔で宣告できると思いますし。
素敵な言葉だと思います。ありがとうございます(*^_^*)

咲良レイ

咲良レイ

塩コーヒーさま。

私は今日、メイン銃の弾切れでサブのハンドガンを使おうとしました。
マガジンも入れて、セーフティも解除して「よしっ!」とバリケードから顔を出して撃ったら…あれ、トリガーが引けない?!
慌てて顔を引っ込めてトリガーチェック。
あははっ、なんてこったい…って失態をやらかしてしまいました(笑)
こういうこともありますね、ありですね^^;

咲良レイ

咲良レイ

ぶらっく様。

ありがとうございます。
私は最近ヒットされても「次のゲームでまた頑張ろう~」と思えるのであまりヒットされたこと自体に悔しさとかはないのです。
なので悔しいから言わないとか、相手が先に死んでるはずだからゾンビの弾はヒットにならないとか、そういう考えは持っていません。
今回は純粋に、初めてのシチュエーションに驚いてしまって、当たってないのに釈然としない顔をされて、こちらも釈然としない…なぜだろう、と考えるきっかけになりました。
これからも起こりうることだと思うので、もし次に同じようなことがあれば一緒にヒットして仲良く退場します^^

ティガー丸

ティガー丸

こんばんわ!
以前自分も草むらに潜んでる時に位置バレし、数人に包囲されフルで撃ち込まれた事がありまして、自分の数十センチあたりは撃たれてるけど自分には当たってない、
けどこのままだとゾンビっぽい感じ・・・。
は、はやく仕留めてくれwwwと願ったことがあります。
結果、見事あててくれてw無事退場出来ましたw
迷いますよね・・・まぁその時は包囲された時点で負けてたので、気持よく死なせてくれてありがたかったですが。
0.5歩早くヒットでちょうどいいのかな・・とも。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。