今日ほどメッシュマスクを着けていて良かったと思った日はありません。

必中の約3メートルの距離で顔面にフルオート斉射を浴び、あまりの近距離
&威力でBB弾がメッシュで割れて、破片が頬や口に当たるという恐怖を
味わいました。。。(相手に気付かずに接近していたので、痛みと驚きで
目が白黒)

メッシュマスクをしていなかったら100%前歯を数本失っていたでしょう。
首回り〜胸元に残った無数の痣だけで済んで本当に良かった!

メッシュマスク、まだお持ちでない方には本気でオススメします。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 8

空挺ペンギン

空挺ペンギン

こーいちさん、門井さん、ザクバさん
コメントありがとうございます!

バリケ待伏せとかCQB曲がり角のゼロ距離は怖いですよね!同じフィールドで、
以前参加の際にゼロ距離オートで頬から流血している方がいました…(´Д` )
防護なしを逆手に活用されるのはキツいですねー…。けど「戦績よりも安全」は
重要だと思います!(怪我されたらこっちも楽しめなくなるでしょうし…)

状況や熟練度、プレースタイルや意識レベルなどは人それぞれですし、ザクバさんが
仰るように「痛いのは当然覚悟の上」の遊びなので、とりあえず大事に至らなくて
良かったと思うように努めていますが、ヒットコール後も雨のようにフルオート(指切り
なしの引きっぱなしで聞こえない?)だったり、他プレーヤーからも同様に「メッシュ
ガードしてて良かった」の声が上がっていたので、ちょっと配慮に欠ける方だったの
かもしれません。(´・_・`)

被弾する側への配慮や痛みを理解する想像力をもう少し養ってもらえたら、
またあのフィールドにも行きたいと思えるのになぁ、とちょっと残念です。
(常連さんぽかったので、当分は行かないと思います)

蛇足ですが、プレースタイルとして、近距離はハンドガンへスイッチング!が個人的には
カッコ良くて好きです(笑)

ティガー丸

ティガー丸

先日他の方の日記で、耳に被弾して一生引きずるかもしれない怪我をされた話を目にし、改めて防護道具の必要性を認識しました。
普段はフルフェイスマスクなのですが、春先以降暑くて息苦しく、ついゴーグルのみで口元を軽視してしまっています。
来月の定例会までになんとかしよう・・・。

至近距離での射撃というのは、ルールではなくマナーの部分で、サバゲーの課題だと思います。
撃つというのは当然ではありつつも、怪我をさせるのは目的ではないので、
自分はしっかりガードしつつも、相手に対しても可能な限り「痛くない・怪我しにくい」場所を狙えるスキルがあればと思います。

それと、これは微妙かもですが、ゲーム後でも「申し訳ない、さっき大丈夫でしたか?」くらい言える気遣いが、自分自信欲しいなと思いました。

ざくさん

ざくさん

似たような経験があります。

インドアのドア越しで、味方だったんですが、こっちは判っていたから、合図しようと頭を出したら、敵だと思われて、フェイスガードのど真ん中に数発貰いました。

くちびるに飛んできた破片は当たったのが判る程度の威力でしたが、BB弾って、本当に砕けて入ってくるんだ、という驚きの方が大きかったです。

セーフティに戻ったら、口に破片が入っていました。
笹葉のような形の細長い破片でした。
目なら刺さるかもしれません。

どんなに、気を使っても、とっさの事はありますし、保護するに越したことは無いです。
自分のためだけでなく、相手のためにも。

ダガー

ダガー

うーん、俺は自分が撃たれることばかり考えていてメッシュゴーグルを着用してましたが、冷静に考えてみると、自分が至近距離から誰かを撃つこともあるんですよね

いままでハンドガン重いからいらないや派でしたが、次のゲームからハンドガンを持っていこうと思います

5160

5160

近距離、フルオート、引きっぱなしって何かの役ですか? 即上がってしまいそうですね
読んでて私の玉が上がりっぱなしです

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。