あくまで私の持論になります。

ある貸切りイベントで非常に興味深いシーンがあった。
それは、進行の方の掛け声。
撃ちあうシーンを写真に撮りながら、ビデオを回しながら、
撃たれてヒットコールした方に大きな声である言葉を叫んだのです。

「ナイスコール!!」

鈍器で後頭部を殴られた気分になりました。
そうだ、これなんだ。プロレスなんだ!

tumblr_m3sbsrMdkm1r4ocu1o1_500.jpg

私は幼少期からプロレスの大ファン。
馬場、猪木、鶴田、長州、タイガーマスク・・・。
思えば中学高校と、友人たちと体育の授業の前はかならず高飛び用のマットの上でプロレスごっこをしてました。
当時は何人か観客までいたくらい人気w
ごっこながらも一番気をつけていたのは、どうやったらもっと盛り上がるか。
プレイヤーも観客も、もっと楽しめるには・・・。

行き着いた答えは、やられ役(悪役)でした。
いかにオーバーにやられるか。
そのやられっぷりが良いほど、正義側のレスラーは輝き、メリハリのある良い試合になる。
ちなみに私の得意技は、劣勢時に相手に許しを乞い油断した隙に急所攻撃という、
当時NWA世界チャンピオンであった狂乱の貴公子リック・フレアー顔負けの技だ。

20140930aj.JPG

話を戻そう。
サバゲーにおいて、ヒットコールは大げさでわかりやすい方が良いが、それは周りに状態を示す為である。
しかし、そこをもっと追求すれば、いかに相手を気持ちよくさせられるかが重要。
お互いに、全てのプレイヤーが独自にやられ方を追求したなら、どんなに楽しいだろう。
手を上げてコール。だけでなくその後、前のめりに倒れてくれる人も出てくるだろうし。
故郷に住む恋人への手紙を託す人も出るだろう。
そんな小芝居を見るだけでも、定例会に足を運ぼうと思えるし、新しい人を誘いたくもなる。

プロレスにおいて覆面レスラーも欠かせない。
そこはコスプレイヤーの出番だろう。目でも楽しませてほしい。

プロレスはキングオブスポーツ(新日本プロレス)である。
全ての要素を網羅した、最高のエンターテイメントスポーツ。

サバゲーもそっちの方面に進化すべきと、個人的に思うのである。
子供からお年寄りまで、男女とわず楽しめるエンタメ・スポーツとしてのサバゲー。
(ガチがお好きな方はMMA的な方へ)

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 12

ティガー丸

ティガー丸

ぶらっくさん
そうです。ご一緒されてたんですね~。
楽しかったですね~~。
私も土曜がメインなので、またご一緒出来ましたらよろしくお願いいたします!

せいぎ=パンダ

せいぎ=パンダ

僕もダガーさんと似たような意見ですが、、、

ガチガチに装備を極めてる方々の中に一人だけパンダの被り物を着けた人(僕)がいるのも意味があるのですね‼(笑)

ティガー丸

ティガー丸

ba7cd887.jpg

せいぎくん
パンダは結構いいと思うよ。事実パンダのプレスラーもいるみたいだし。
その個性派大切に、パンダらしい戦い方を続けてほしいw

のり

のり

サバイバルゲームをスポーツと捉えるか、戦争ごっこと捉えるか?で分かれるかもしれませんね。
自分は戦争映画の真似ごっこで育ったほうなのでいまだに映画の中のやられっぷり見て、「いまの死に様イカス!今度真似しよう!」とかやっちゃうタイプですねえ。
遠間では撃った相手にわかるようなヒットコール。
近距離のお互いが

のり

のり

近距離で互いが生死のやりとりをする場面でヤられた時なんかは断末魔&ぶっ倒れますw 相手の素晴らしい一撃へ体全て使っての賞賛です。きっと相手もテンションあがるんでないかな、と。時代劇の斬られ役好き、ってのも原因w
たまに相手に「ごめんなさい!大丈夫ですかっ?」って心配されることもありますが、ね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。