自己紹介

ガスガン黎明期以来の出戻り万年ビギナーです。アクティブディフェンダーを目指してます。


活動状況 過去30日分の新着情報を表示しています。

サバゲーレポート

初インドア戦 大阪住之江 BBGUN

ふぁんぶる

BB GUN

大阪の実家に行くついでにBBGUNでヌーンデイコースに参加してきました。
ここ2週ほど野外ゲームが雨で流れているのでここぞとばかりにストレス発散!と息巻いていましたが、なかなか思うようには行きませんね(苦笑) 戦績は今ひとつです。 
とりあえず今回の装備はマルイPx4とスペアマグ2本。念のためタクティカルライトも装備しましたが、コレは無くても大丈夫だったかな?他にも動画カメラとしてCONTOUR ROAMも持って行きましたが薄暗いフィールド内では思ったような動画は撮影できませんでしたね。

  • 0
  • 4

6/15「TRENCH」定例戦参加

ふぁんぶる

TRENCH

先日の6/15にTRENCHさんの定例会に参加して来ました。メンバーはTrinity SGCのうち4人。
天候にも恵まれ、楽しくプレイできました。(少し暑くて弱い熱中症っぽくなりましたが・・・)
ゲームフィールドも5月後半に大幅にレイアウトが変更(具体的には塹壕がもう1本追加されました)されてより戦略に幅を持たせることができます。

  • 0
  • 4

7月6日定例会参加 「TRENCH」

ふぁんぶる

TRENCH

少し前のゲームですが、7月6日にTRENCHさんでゲームしてきました。
今回はいつものメンバーではなく某SNSの有志による集まりで定例会参加です。
結果から言いますとあまり芳しくない成績でした。

  • 0
  • 2
もっと見る

日記

バッテリーについて。

ふぁんぶる

愛銃ステアーHCのバッテリーについて試行錯誤している。標準ではニッケル水素の7セル8.4V 1300mAを使うようだが、いまさらニッケル水素ってのもあれなので、ラジコンで使っている手持ちのリチウムポリマー2セルとリチウムフェライト2セルを試してみた。
まず手持ちのリポ2セル7.4V 1100mAを試すが快調に動作する。標準バッテリーに比べ若干容量が少ないが上手く立ち回れば使い物になるのでは?と思う。
続いて本命のリフェ2セル6.6V 2100mAだがコチラはフルオートで撃っていると若干動作サイクルに波がある。これは手持ちバッテリーのCレートが低いせいで銃の要求する電流量に対してバッテリーが追いついていないのだろう。(もちろん市販製品には高いCレートのリフェも存在する)

  • 0
  • 0

11/17 CZK定例会 参加!

ふぁんぶる

トートツですが11月17日のコンバットゾーン京都での定例会に友人とふたりで参加します。
本格的なフィールドでは初サバゲになります。
当日は約60名の参加者が居る模様。ACU迷彩のステアーHC持ちが居たら私ですので相手してやって下さいませ。宜しくお願いいたします。 m(__)m

  • 0
  • 0

CZK11/17定例会参加

ふぁんぶる

11月17日コンバットゾーン京都での定例会に参加してきました。
(該当フィールドが選択肢に無いので、通常日記でのアップです)
サバゲ初参加です。装備も整えて準備万端だったのだが・・・

  • 0
  • 0
もっと見る

装備レビュー

ステアーHCレビュー

ふぁんぶる

ステアーAUG ハイサイクル

3点(普通)

サバゲー復帰に伴いかつての愛銃ステアーを入手。色はブラック。スタイルはブルパップの利点を活かしたデザインで気に入っている。複数のレールも今風で格好いい。
あえてスタイルで難点を言えば実銃に習って9mmマガジンを採用するか、5.56mm弾仕様にするならバレルサイドにガスレギュレーターをモールドして欲しかった。
電動、しかもハイサイクルと言うことで不安もあったが撃ってみたらそういう不安も吹き飛ぶほど楽しい。サイティングしながらフルオートの弾道を見てると水鉄砲のようで流石にリアリティにかけるが(笑)セミオートのキレの良さは秀逸。新たにセミオートポジションが用意されたセイフティだが、ステアー使いとしては蛇足のように感じていたが、セミオートオンリー戦などでは誤射を防ぐために有効だと思う。

  • 0
  • 0

ベレッタPx4(東京マルイ)レビュー

ふぁんぶる

Px4

3点(普通)

長年愛用していたタナカ製SIG P226がとうとうフレーム破損して使えなくなったので、新たなサイドアームとして購入。同時にスペアマガジンを2本購入。
ハンドガンを選ぶ上で私が一番重要視するのが「操作性」です。
昔からガバメントの様なフレームにセイフティが有るモデルが好きで、昔懐かしいMGC製のGM6シリーズやCZ75などが理想的でした。したがって「スライドにセイフティレバー(デコッキングレバー)がある銃なんて使えない」と思っていたが、実際に使ってみるとドロウからセイフティ解除>エイミングまで結構素早く動作できたので今は妙な偏見はありません。

  • 0
  • 0

「7.62mmの迫力と重量感」 CLASSIC ARMY製 DSA SA-58レビュー

ふぁんぶる

SA-58 CARBINE

3点(普通)

米DSA社が生産する、FN−FALのクローン。 
7.62mmのライフルが欲しかったので入手しました。
ゴツいレシーバーとマガジンが迫力あります。しかしながらカービンサイズなので標準的なFN-FALより取り回ししやすいです。感覚としてはFN-SCAR−Hのショートバレルくらいでしょうか?

  • 0
  • 0
もっと見る

スポンサーリンク