1 - 25 / 75件

FN SCAR-L 最新鋭のアサルトライフルを次世代電動ガンで再現!

GUN道場 MAXI

SCAR(スカー)-L フラット・ダークアース

3点(普通)

全日本模型ホビーショーの新製品ニュースです!
新型ライフル FN SCAR-Lが、次世代電動ガンでモデルアップされました。
今回のショーでは動作確認までは出来ませんでしたが、次世代となると後発ながらも唯一のモデルになります。システムや性能の高さにも期待ができます。

  • 0
  • 10

サバゲーの新兵器!?「ケイドレーダー」の使い方を考える

GUN道場 MAXI

ケイドレーダー

3点(普通)

2010/9/25に、トイメーカーのハピネットから、子供の遊びの「ケイドロ※」をハイテク化したシロモノ「ケイドレーダー」という無線通信のオモチャがでるそうです。※地域によってドロケイ、どろけ、ドロジュン、ドロタン、悪漢探偵、タンテイ、探偵ごっこ、助け鬼、ドロジ、ヌスタンなど
鉄腕DASHというTV番組のスペシャルで「TOKIO VS 100人の刑事」というのがあって、それに似てますね。鉄腕DASHでは、個人用ビーコンを使用した大規模な鬼ごっこを、街中でやるという夢のようなゲームですが、似たようなことが出来てしまうわけですね。
ちなみに、ケイドレーダーを装着した人同士が30m以内に近づくと、警戒シグナル(音と光)で知らせてくれる仕様です。

  • 0
  • 8

ET1 7.4V800mAh EXバッテリー発売。

GUN道場 MAXI

スコーピオン vz.61

3点(普通)

すみません上記タイトルはウソです。
「ET1 7.4V800mAh EXバッテリー 発売を熱望。」が正しいタイトルです。
いつまで待っても出てこないですねー

  • 0
  • 8

豪快?凶悪?マシンピストルGBBの最高傑作

GUN道場 MAXI

グロック18C フルオート ガスブローバック

3点(普通)

今年の夏は、マルイのグロック18Cが大活躍ですね。
アウトドアフィールドでもインドアでも、所々でけたたましい連射音が響くのを聞きました。数あるエアガンの中でも、ガスブローバックのマシンピストルは撃って一番面白いジャンルではないでしょうか。このグロック18Cは価格もお手頃で、大ヒット商品となったようです。

  • 0
  • 7

マルイ MAC10 ポテンシャルを引き出せば最高のゲームウェポンに!

GUN道場 MAXI

MAC10

3点(普通)

実銃は、ベトナム戦争初期の1964年に開発され、アメリカ軍特殊部隊も使用したサブマシンガンです。高い連射速度、小型軽量、単純な構造と、一見理想的な特長をもった銃ですが、それらがすべて裏目に出てしまったという、不遇なサブマシンガンでもあります。
シンプルで無骨な外観は、他に無くユニークで魅力的です。これまで、数々のイングラムのトイガンがラインナップされてきましたが、電動ガンとなって最も高い射撃性能を得たのが、マルイMAC10です。

  • 0
  • 7

アタッカーからスナイパーまで幅広く楽しめる、万能電動ガン!

GUN道場 MAXI

G2010 (F2000)

3点(普通)

G&Gアーマメントという海外メーカーから、ハイクオリティな仕上がりの電動F2000 (G&G G2010)が登場しました。今回は、ドットサイト等の使用を前提とした、ピカティニーレール+バックアップ用ピープサイトという民間向けの「FS2000」がモデルアップされています。
F2000はP90やファイブセブンピストルと同じFN(ファブリックナショナル)社から販売されている個性的なアサルトライフルで、どことなくP90にも似たデザインです。ゴルゴ13でも登場したことがあったり、FPSゲームなどにも何故かよく登場します。
F2000デビュー当時の仕様

  • 0
  • 7

ファイヤーボール バイオBB弾 弾幕ウェポンに向いたコスト重視のバイオ弾

GUN道場 MAXI

ファイヤーボール バイオBB

3点(普通)

2010年10月頃に発売された新ブランドBB弾
ファイヤーボールBB弾は5000発で実売2000円程度と、バイオBB弾の中では激安です。1発あたり0.4円、既存のバイオBBは1発0.54円~0.66円が相場ですから、格安といえます。
何か気合の入った命名が良いですね。

  • 0
  • 6

電動ガンの革命児 「ET-1 リチウムポリマー電池」が登場!

GUN道場 MAXI

EAGLEFORCE ザップドミニバッテリー

3点(普通)

↑装備アイテムはダミーです
リポバッテリーは、発火や破裂が怖い、危険だという巷のウワサを目にして、導入を控えている方は多いのではないでしょうか。しかし電動ガンに使用するとすこぶる調子が良いという評判もあり、気になっている方も多いと思います。
今回、ようやく国内にマトモな対応をしてくれるメーカーが現れました。高性能に安心が加わり、一リポファンとしても非常にありがたいことです。

  • 0
  • 6

かつてないリアリティ!「Xカートリッジ」リボルバー

GUN道場 MAXI

S&W M629クラシック ブラック

3点(普通)

リボルバーのエアガンとの付き合いはずいぶん長いもので、20数年前の子供の頃、マルイのカートリッジ内コッキング式リボルバーや、クラウンのエアーリボルバー(今でも売っています)が、当時は組み立てキットでものすごく安かったので、何挺も作って遊んでいた覚えがあります。
時を同じくして、マルシンのカートリッジ式・ガスリボルバーも「S&W M29」や「S&W M36チーフスペシャル」が登場し、飛びついていました。プラスチックカートリッジ、ノンホップ、低パワーで、5m先の的に当てられるかどうか分からないというレベルでしたが、外観の仕上げなどは美しかったですし、満足度は高かったものです。
そして現在発売されている、ガスリボルバーの決定版ともいえる「Xカートリッジシリーズ」をレビューしておきたいと思います。

  • 0
  • 6

PSP 俺たちのサバゲーVS(バーサス) 発表イベント!

GUN道場 MAXI

俺たちのサバゲー VERSUS

3点(普通)

今日はヴィレッジワンで、PSP 俺たちのサバゲーVS(8月5日発売)の発表イベントがありました。
昼間はもう灼熱!太陽真上。サングラスの跡がバッチリ残ってしまいましたよ。
いやー夏キテますね~

  • 0
  • 5

ハピネット ケイドレーダー サバゲーではかなり微妙?!

GUN道場 MAXI

ケイドレーダー

3点(普通)

ホビーショーで発表後、話題になったケイドロ専用電子ツール「ケイドレーダー」の紹介です。
全然使いこなしていませんが、とりあえず購入して使ってみたのでレビューします。

  • 0
  • 5

マルイ プロハンター 趣味のひとときを満喫。面白くてやめられない撃ち味。

GUN道場 MAXI

プロハンター

3点(普通)

マルイ プロハンターは、人気ボルトアクションライフルVSR-10の「リアルショックver」と「Gスペック」のメカを良いとこ取りして、金属パーツにメッキをかけたスペシャルモデルです。マルイにしては珍しいコンセプト設定で、新たな層の取り込みを狙っていると思いますが、まさに大人の趣味という雰囲気が漂っていて、実際に手に取ると、なんとも言えない満足感が得られます。

  • 0
  • 4

AZ シリコンスプレー 超便利!大容量・激安のシリコンスプレー

GUN道場 MAXI

AZ シリコンスプレー

3点(普通)

シリコンオイルと脱脂アルコールは、エアガンのメンテナンスには欠かせないアイテムです。それぞれ色々なメーカーから発売されていて、選ぶのも迷うと思いますが、今回は最も使用頻度が高いであろうシリコンスプレーを紹介しておきます。
一緒に映っているクリーナースプレーはタミヤのエンジンRCカーに使っていたものを流用しています。中身はただのアルコールですが、電動ガンのメカ周りのメンテで、グリスを落としたいときに使います。買ってから5年以上たっていますが、トイガン主体の使用だとなかなか無くなりませんね。他にも、塗装時の脱脂や、シールの糊はがしにも活躍しています。

  • 0
  • 4

ロスコ ミリタリーベレー帽 カッコ良いベレーのかぶり方

GUN道場 MAXI

ミリタリー ベレー グリーン

3点(普通)

ベレー帽は、フェルトやウールの柔らかい布地で作られた簡素なつば無し帽です。
今でこそベレー帽は、街中ファッション等で人気のアイテムですが、一番カッコよく決まるのはやっぱりミリタリー・スタイルじゃないでしょうか。

  • 0
  • 4

最強スナイパーを目指せ!!

GUN道場 MAXI

VSR10 プロスナイパー TANカラー

3点(普通)

東京マルイのVSR10は根強い人気がありますね。これまで私も、プロスナイパー→Gスペック→プロスナイパーと所持してきましたが、プロスナイパーにM40タイプ木製ストックを装着したものに落ち着いています。ストックの質感が上がると迫力が増して、全然違う銃に見えるのでオススメです。
サバイバルゲームにおいては、これまでの活用経験からは、インドア戦で有効にはたらく要素がみられたので、またいずれ、インドア狙撃手にチャレンジしたいなと思います。アウトドアで極めるのは・・・私には難しい!

  • 0
  • 4

力強いデザイン、迫力のシューティングに感動!

GUN道場 MAXI

スーパーレッドホーク 7.5インチ ブラック

3点(普通)

スタームルガー・スーパーレッドホークのXカートリッジ版が発売されましたので、早速紹介したいと思います。

  • 0
  • 4

唯一無二のリアルなガスショットガン

GUN道場 MAXI

M870 ブラックバージョン

3点(普通)

今回紹介するのはマルゼンの超ロングセラーショットガン、M870です。
リアルなショットガンの雰囲気を楽しむには現在、唯一無二のモデルで、年に一度ぐらい?の割合で再生産されているようです。最近アームズマガジンにも久々に広告が出ていました。
ガス・ショットガンといえば、2007年頃にタナカワークスから蓄気カートリッジ式の本格的なM870が発売されたものの、生産は中止しているようです。ショットガンは人気あると思うので、もっと色々出て欲しいですね。

  • 0
  • 4

挿すだけカンタン。リポバッテリー専用充電器

GUN道場 MAXI

ETLC2 LIPO4 リチウムポリマーバッテリー専用充電器

3点(普通)

リポバッテリーは1年以上前から使っていますが、今でも、危険だ、正しく扱えば安全だ、などの情報が錯綜して、なかなか手を出せずにいる、あるいは存在すら知らないという方も結構いるようです。
そんなわけで、なかなか一般的にはならないですが、ここにきてようやく、高品質の電動ガン用リポバッテリーが登場し、専用の充電器も揃いましたのでレビューしておきたいと思います。
リポバッテリーの特長

  • 0
  • 3

Xカートリッジで、リボルバーの醍醐味を堪能する!

GUN道場 MAXI

コルト アナコンダ 6インチ シルバー

3点(普通)

8mmBB弾で独自の世界を築きあげてきた、マルシン工業の最新作です。
やっぱりリボルバーというと、カートリッジで遊びたいですよね。現在ガスリボルバーでそれが出来るのは、マルシンかクラウンの製品になります。なお、マルイのコルト パイソンも、カスタムすればカートリッジ化は可能になっています。
マルシンのXカートリッジは、非常にリアルな出来になり、飾っておくだけでも充分映えますし、手でいじっているだけでも楽しめますので、お勧めです。

  • 0
  • 3

コンパクトに秘められた絶大な戦力

GUN道場 MAXI

P90

3点(普通)

マルイP90はどこのゲームに行っても見るほど、人気の高さが伺えます。
超コンパクトなデザインながらも、射撃性能や安定性の高さを備えているのがP90の一つの魅力です。発売されてそろそろ10年程になるモデルですが、最新の電動ガンと比べても引けはとらないように思います。

  • 0
  • 3

やっとマガジンキャッチを修理

GUN道場 MAXI

G2010 (F2000)

3点(普通)

マガジンキャッチに不具合が出てから、修理がめんどくさくて、先送りにしていましたが、やっと手を入れました。3ヶ月くらい経っちゃいましたね…。何がめんどくさいといえば、ボディーを分割するときに、ネジ10本以上取らないといけないんです。しかも六角ビスとロックナットという組み合わせ…でもそれをしないと、マガジンキャッチは直せないです。

  • 0
  • 3

ゲームウェポンの雄。最高のバランスを秘めた電動サブマシンガン

GUN道場 MAXI

MP5A5 HG

3点(普通)

電動ガンMP5は非常に息の長いモデルで、その人気の高さが伺えます。
今更ながらのレビューかもしれませんが、電動ガン時代初期の頃、私が初めて購入したモデルがMP5でしたし、これを押さえておかないわけにはいきません。その後も、MP5K(クルツ)やグレードアップバージョンのHGと続き、何かとゲームに携える機会も多く、現在においても”さらに”グレードアップしたバージョンを待ち望んでいるくらいです。
それではさっそく、電動ガンMP5の特長をみていきましょう。

  • 1
  • 2

マルイ グロック17カスタム 信頼の一挺

GUN道場 MAXI

グロック17カスタム フラット・ダークアース

3点(普通)

今年の夏にはグロック18C フルオートブローバックが発売されて大ヒットし、ちょっと影に隠れてしまった感のある、グロック17カスタムです。18Cはフルオートで撃った時に派手で楽しくて良いですが、17も捨てがたい魅力があるので、紹介しておきたいと思います。

  • 0
  • 2

マルイ M1911A1(エアコキ) 最後に頼れるエアーコッキング

GUN道場 MAXI

M1911A1 コルトガバメント

3点(普通)

※登録装備↑はガスブローバックです
かつてルガーP08の高い命中精度で話題を呼び、進化しながら今でも販売されているマルイ・エアコキハンドガンです。キング・オブ・エアーソフトガンといったらこれじゃないでしょうか。
先日の16戦ラリーデザートユニオンでも使いましたが、連射できないことを除けば、素晴らしい飛距離と命中精度で、意外なほどに活躍しました。エアーコッキングを使ってみると、普段いかに連射に頼っているかが分かります。もちろん連射のほうが面白いので、基本的には連射したいですが、しっかり狙って撃つ練習には、エアーコッキングは最適かもしれません。

  • 0
  • 2

マルイ グロック18C(電動) フルオートが楽しい最小ウェポン

GUN道場 MAXI

GLOCK 18C

3点(普通)

  • 0
  • 2

スポンサーリンク