FN SCAR-L 最新鋭のアサルトライフルを次世代電動ガンで再現!

GUN道場 MAXI

SCAR(スカー)-L フラット・ダークアース

3点(普通)

全日本模型ホビーショーの新製品ニュースです!
新型ライフル FN SCAR-Lが、次世代電動ガンでモデルアップされました。
今回のショーでは動作確認までは出来ませんでしたが、次世代となると後発ながらも唯一のモデルになります。システムや性能の高さにも期待ができます。

  • 0
  • 10

ハイキャパのフルカスタム版 研ぎ澄まされたナイフのような仕上がり!

GUN道場 MAXI

Hi-CAPA Custom デュアルステンレス

3点(普通)

デュアルステンレスは、最初からカスタムされたハイキャパということで、ハイキャパシリーズの最上級モデルと言っても良いでしょう。それなのに価格は安く抑えられているところが、さすがのマルイです。また、パッケージのデザインは、マルイの中でも最高のカッコよさだと思います。

  • 0
  • 0

電動M93R 扱いやすさと戦闘力の光るオールマイティウェポン

GUN道場 MAXI

M93R

3点(普通)

これから寒くなる季節、ゲームウェポンの選択肢の一つとして電動ハンドガンがあると思います。
電動ハンドガンは当初、さらに続くラインナップが予定されていましたが、3挺出たところで滞ってしまいました。やはり、もう少しバリエーションが出て欲しいものですが、現在唯一のベレッタ系、M93Rを紹介しておきたいと思います。
10月にKSCから発売される予定の、M93R スパルタンという銃がありますが、実はそっくりな外観の電動M93Rを持っています。M93Rのフォアグリップは全然使ったことが無いですし、要らない部分はとってしまおうという発想で作ったものです。M93Rらしさは半減するものの、このほうが何だか実戦的な印象すら受けます。

  • 0
  • 1

ベレッタ M84FS 優美なデザインと鋭い撃ち味に魅力

GUN道場 MAXI

ベレッタ M84FS チーター シルバー

3点(普通)

ベレッタM84FSは、ベレッタの銃の中で最も美しいモデル、あるいはベレッタの代表作と呼ばれる、隠れた人気銃です。ウエスタンアームズの製品も、なかなかのロングセラーで何度も再生産されています。
恐らくコレクションアイテムとして大事にしまっておく系になってしまい、サバゲーではなかなか出番が無いかもしれませんが、撃つ面白さは十分備えていますので、紹介しておきたいと思います。

  • 0
  • 0

色あせない美しさと実力!M92Fステンレスモデル

GUN道場 MAXI

M92FS クロームステンレス

3点(普通)

ベレッタ M92F inox を美しく再現!
inoxは、イタリア語でステンレスのことで、イノックスあるいはアイノックスと読みます。
東京マルイのこの銃は、ガスブローバックガンとしての出来栄えは、旧世代レベルですが、ベレッタのデザインは美しくて飽きがこないので、手放せない一挺です。何より、綺麗なメッキのおかげもあって、全く色あせないのがポイントです。

  • 0
  • 0

USPの決定版!リアリティ・扱いやすさ・信頼性の三拍子揃った一挺

GUN道場 MAXI

USP 45

3点(普通)

  • 0
  • 2

AKS74U 刺激的な次世代機

GUN道場 MAXI

AKS74U

3点(普通)

AKシリーズの中でも最もコンパクトで、アクティブに活躍できるのがAKS74Uクリンコフです。ストックを折りたたむと50cmを切るため、持ち運びも非常に便利な一挺です。
スタイルも、民兵やゲリラからPMCまで、色々合わせられそうな懐の深さがあって面白い銃です。

  • 0
  • 0

一年中活躍!希少な狙撃用ハンドガン

GUN道場 MAXI

ソーコム Mk23

3点(普通)

これから寒くなる季節、人気が出そうな固定スライド式ガスガンのソーコムMk23です。
この商品もなかなかロングセラーですね。
冬でも活躍できるハンドガンといえば、電動ハンドガンが思い当たりますが、どうもあの軽い発射音が気に入らない、という方も多いようです。また、標準バッテリー(ニッケル水素)が、冬(低温)に弱く、レスポンスが鈍ったりスタミナが落ちるなどの問題もあり、まだまだ満足できる領域では無いように思います。

  • 0
  • 0

ジャストフィットサイズのハンドガン

GUN道場 MAXI

G19 スライドディープブルー

3点(普通)

グロック19は、グロック17や18Cより全長で16ミリ短く、全高で11ミリ小さいコンパクトモデルで、非常に取り回しのよいハンドガンです。
作れば人気が出るはずなのに、なかなか作るメーカーの増えないハンドガンの一つでもあります。グロックの中では一番使いやすいサイズだと思いますし、ぜひともバリエーション展開してほしいモデルです。
上:KSC G19 下:マルイ グロック18C(ガスブローバック)

  • 0
  • 0

唯一無二のリアルなガスショットガン

GUN道場 MAXI

M870 ブラックバージョン

3点(普通)

今回紹介するのはマルゼンの超ロングセラーショットガン、M870です。
リアルなショットガンの雰囲気を楽しむには現在、唯一無二のモデルで、年に一度ぐらい?の割合で再生産されているようです。最近アームズマガジンにも久々に広告が出ていました。
ガス・ショットガンといえば、2007年頃にタナカワークスから蓄気カートリッジ式の本格的なM870が発売されたものの、生産は中止しているようです。ショットガンは人気あると思うので、もっと色々出て欲しいですね。

  • 0
  • 4

コダワリの仕上がり、痛快な撃ちごたえ!

GUN道場 MAXI

パラオーディナンス H.R.T.スペシャル カーボンブラックHW

3点(普通)

WAのハンドガンは、サバゲーではあまり見かけませんが、紹介しておきたいと思います。
最近の傾向はどちらかというとモデルアップ機種がマニア向けで、仕上げの凝り方がモデルガン寄り、値段が高め、と三拍子揃ってサバゲー向けではない方向に進んでいるようです。
とはいえ、このガスガンを実際に撃ってみると、その撃ち味の面白さに感動します。ヘビーウエイトスライドのおかげもあって、手のひらに来るドシンッという衝撃はさすがマグナブローバックです。マガジンのサイズも大きいので、冬でもけっこう撃てます。

  • 0
  • 2

ガスブローバックM4の先駆者

GUN道場 MAXI

M4A1 CQB-R

3点(普通)

間もなくKSCのM4A1が発売されますが、本格的なガスブローバック・ライフルの道を切り開くことになったのが、WA M4シリーズです。
WAのM4CQB/Rの発売は2008年春、ショップで試し撃ちさせてもらったとき、それはもう本当に感動的でした。肩にガツーンとくるショックと、やかましい発射音は、今でも電動ガンでは絶対に味わえない面白さです。
その1年後、2009年春には「スーパーバージョン」にアップデートされ、リコイルショックはさらに強烈に、各種不具合の対策も施された形となっています。

  • 0
  • 0

豪快?凶悪?マシンピストルGBBの最高傑作

GUN道場 MAXI

グロック18C フルオート ガスブローバック

3点(普通)

今年の夏は、マルイのグロック18Cが大活躍ですね。
アウトドアフィールドでもインドアでも、所々でけたたましい連射音が響くのを聞きました。数あるエアガンの中でも、ガスブローバックのマシンピストルは撃って一番面白いジャンルではないでしょうか。このグロック18Cは価格もお手頃で、大ヒット商品となったようです。

  • 0
  • 7

ゲームが楽しくなる!?ショットガン

GUN道場 MAXI

イサカ M37 フェザーライト

3点(普通)

  • 0
  • 0

痛快な撃ちごたえのコンパクトガバメント

GUN道場 MAXI

コルト コマンダー カーボンブラックHW

3点(普通)

コルト ガバメントのショートタイプ、コルト コンバットコマンダーです。
それほどマニアックな機種だとは思わないのですが、現在モデルアップしているのはウエスタンアームズだけで、相当なマニアしか買わないものに仕上がっています(笑
ハイキャパ5.1にハイキャパ4.3があるように、M1911ガバメントにコンバット・コマンダーがあります。(M1911のほうが元祖なので言い回しは逆ですが・・・)

  • 0
  • 0

コンパクトに秘められた絶大な戦力

GUN道場 MAXI

P90

3点(普通)

マルイP90はどこのゲームに行っても見るほど、人気の高さが伺えます。
超コンパクトなデザインながらも、射撃性能や安定性の高さを備えているのがP90の一つの魅力です。発売されてそろそろ10年程になるモデルですが、最新の電動ガンと比べても引けはとらないように思います。

  • 0
  • 3

扱いやすさバツグンのサブマシンガン

GUN道場 MAXI

UZI SMG

3点(普通)

長年の相棒、マルイ UZI 電動ガンの紹介です。
購入して5年は経っていますが、その扱いやすさから、今でも現役で使っています。
ゴツい外観が気に入っているのと、小さく軽くて撃ちやすい、バッテリーのスタミナがある(コンパクト電動と比較して)、マガジンが軽くて良いなど、色々とメリットを感じます。

  • 1
  • 0

唯一のモデルアップ。リニューアルを期待

GUN道場 MAXI

ブローニングハイパワー MkIII

3点(普通)

近代型オートマチックハンドガンの走りといえるブローニングハイパワーです。
実銃は、発売から60年以上を経た今でもなお生産が続けられているという名銃ですが、残念ながらガスブローバックガンとしてはタナカ1社からしか出ていません。
いかにも鋼鉄で作られた風な、細身のスライドやグリップは筋肉質で、いつ見てもカッコいいデザインだと思います。

  • 0
  • 0

古い銃はカッコいい!レバーアクションライフルの雄

GUN道場 MAXI

ウィンチェスター M1873 カービン

3点(普通)

レバーアクションライフル、西部劇の銃のお出ましです。
西部劇なんて言葉も、もう死語になってる気もしますが、レバーアクションの実銃のほうは今でも人気があるようで、生産されつづけているようです。しかし、古き良き時代の映画は永遠ですよね。私も、いくつかマカロニウエスタンのDVDを持っていますが、時々引っ張り出して観たくなります。
ところで、話は飛びますがしゃべくり007(TVバラエティ番組)のスタジオのバックに飾ってあるレバーアクションライフルがカッコよくていつも気になります。

  • 0
  • 0

小粒でピリリ!極小マシンピストル

GUN道場 MAXI

ベレッタ M1934R マシンピストル

3点(普通)

つい先日再販された、ベレッタM1934Rマシンピストルです。
ウエスタンアームズにしては珍しく?実在しない、お遊び用のガスブローバックハンドガンを作ってくれています。
流麗なデザインのM1934が、フルオートで撃ててしまうという意外性は面白いですよ。

  • 0
  • 0

挿すだけカンタン。リポバッテリー専用充電器

GUN道場 MAXI

ETLC2 LIPO4 リチウムポリマーバッテリー専用充電器

3点(普通)

リポバッテリーは1年以上前から使っていますが、今でも、危険だ、正しく扱えば安全だ、などの情報が錯綜して、なかなか手を出せずにいる、あるいは存在すら知らないという方も結構いるようです。
そんなわけで、なかなか一般的にはならないですが、ここにきてようやく、高品質の電動ガン用リポバッテリーが登場し、専用の充電器も揃いましたのでレビューしておきたいと思います。
リポバッテリーの特長

  • 0
  • 3

シングルアクションがシブい!スーパブラックホークがついにXカート化

GUN道場 MAXI

スーパーブラックホーク 7.5インチ シルバー

3点(普通)

心待ちにしていた、スーパーブラックホーク Xカートリッジ版がついに発売されました!
スーパーブラックホークは、旧カートタイプも持っていましたが、各部の再現性が高くしっかりとした作りこみで、非常に気に入っていたリボルバーです。それがXカートになったら、もう放ってはおけません。

  • 0
  • 0

力強いデザイン、迫力のシューティングに感動!

GUN道場 MAXI

スーパーレッドホーク 7.5インチ ブラック

3点(普通)

スタームルガー・スーパーレッドホークのXカートリッジ版が発売されましたので、早速紹介したいと思います。

  • 0
  • 4

さすがの完成度!シャープ&クールなP.D.W

GUN道場 MAXI

MP7A1

3点(普通)

KSCのガスブローバックMP7A1はちょうど1年前、2009年7月頃に発売されました。
メカニズムがリアルで、仕上がりも素晴らしく、撃って楽しい逸品です。

  • 0
  • 0

買って損はない!エアガン最高レベルの射撃感覚

GUN道場 MAXI

M14 ガスブローバック

3点(普通)

WE-techのM14は、まさに待ち望んでいたガスブローバックライフルです。こういう古臭いスタイルのライフルでブローバックするモデルは、どのメーカーもなかなかモデルアップしてくれませんからね。ブローバックする長いライフルで、スナイパーのフリをしてみたいと思うわけです。

  • 1
  • 2

スポンサーリンク